女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【おうし座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「牡牛座・B型のあなた」編です。

基本性格

マイペースな牡牛座と、どこまでも我が道を突き進むB型。周囲の都合などお構いなしで、自分の都合を優先させる傾向があります。また、おっとりしている印象のある牡牛座ですが、B型の気質が合わさって、自分の好きなことには、貪欲にのめり込む傾向があるでしょう。

ただ、メリハリのある生活を送っていて、オンタイムにはすべての情熱を傾けますが、休日はひたすらボーっとしていたりします。オンとオフの姿が極端に違うでしょう。自由でマイペース。単独行動を好み、周囲の意見に惑わされることはありません。

コンプレックス

周りに合わせるのは苦手なので、集団行動をするのに少々苦痛を感じます。それがコンプレックスでしょう。人が大勢集まる場では、なぜか浮き上がってしまいます。そして、ひとりポツンとしていることも多いでしょう。

しかし、人は一人では生きていけませんから、何かしらの方法で人と交流をしていかなくてはなりません。どうしたらうまく人とつきあっていけるのか。それが、牡牛座B型のテーマでしょう。

恋愛傾向

自分の趣味嗜好や価値観、自分にとって必要なものとそうでないものを明確に認識しているため、周囲の風潮や意見には一切左右されません。周囲の友達が恋の話で盛り上がっていても、自分の心を揺さぶる男性がいなければ、色恋に関心すら示さないほど。

官能的な牡牛座なので、早熟かもしれませんが、基本的に奥手なタチでしょう。ただ、好きな人ができたら、もう迷いは皆無。B型持ち前の情熱で猪突猛進し、あらゆる障害を乗り越えて愛を貫くでしょう。

とはいえ、愛情表現自体はシャイ。想いがつのるほど混乱し、伝えたい気持ちを持て余しがち。好きな人の前に出ると急にそっけなく黙り込んだり、そうかと思えば余計なことばかりしゃべり過ぎたりするでしょう。しかし、そんな不器用さが、かえって男性の心をキュンとさせるかもしれません。

仕事

あなたは、変わり者、気まぐれと言われつつも、なぜか憎まれず、独特の存在感を放っています。とはいえ、規律や協調性を求められる組織の中では、やはり浮きがちな少数派。特に、大企業、公務員といった画一的な社会では、理解者が少なく異端視されるタイプ。

普通の会社でも、指示と違うことを勝手にやる、慣習に従わないなど、怖い物知らずで通っていそう。その半面、持ち前の発想力や型破りな視点は、一目置かれているはず。ユニークなアイデアで社長賞ゲット、独自の営業方法で売り上げナンバーワンに輝いたりすることもあるでしょう。

適職は、自営業、フリーカメラマン、新聞雑誌記者などです。

相性がいい星座×血液型

うお座×A型の男性
おっとり系の彼は、あなたを心から癒してくれる存在。一緒にいると心地よく、心も身体も溶けあうような感覚に包まれていきます。彼へのアプローチは、質問を繰り返すこと。「どうしてそう思うの?」「それ何、教えて!」と言って、いろいろと突っ込んで聞いて、コミュニケーションを密にとりましょう。

さそり座×B型の男性
あなたは彼の前では自然体で振る舞えます。彼もそれは同じでしょう。一緒にいて気楽な関係です。安定性と忍耐力のある二人なので、交際は長続きするはず。彼へのアプローチは、じっと彼の目を見つめたり、遠くから視線を送るだけでOK。言葉にしなくても、想いが伝わります。

やぎ座×O型の男性
マイペースなあなたを尊重してくれる彼。寛大な彼となら、ほのぼのとした愛情を育めるでしょう。どちらものんびり屋なので、恋の進展はスローかもしれませんが、着実に愛は深まっていきます。彼へのアプローチは、一緒においしいものを食べに行こうと誘うといいでしょう。きっと味覚は合います。

おとめ座×AB型の男性
賢くて洗練された彼は、あなたの憧れに。一方、彼にとってはあなたのピュアな天然ぶりがかわいらしく映るはず。兄と妹のように慕い合える相性です。彼へのアプローチは、何か相談を持ち掛けるのが◎。いいアドバイスをしてもらったら、「すごく助かった!」と感激を言葉であらわして。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・グリーン
・イエロー
・オフホワイト

ラッキーアイテム
・スポーツグッズ
・ヘアアクセサリー
・のどあめ

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ