女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【おうし座・AB型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「おうし座・AB型のあなた」編です。

基本性格

しっかり者のおうし座に、抜け目のないちゃっかり屋のAB型が合わさると、世渡り上手になります。面倒事は周囲にさりげなく振り、おいしいところはサッと持っていくのが常套テクニック。にもかかわらず、元来の当たりの柔らかさで許されてしまうお得なタチでしょう。

ただ、無謀な冒険はせずに、着実に手に入りそうな夢を抱きます。それを手に入れるために堅実に努力をし、最終的には目標を達成するでしょう。

コンプレックス

柔軟性にやや欠けるので、頑固になりがちです。人間関係において疲れることがあるでしょう。さみしがりやなのに、孤独好きという複雑な性格を持つあなた。

そんなところをコンプレックスに思い、人知れず悩むことが多そうです。不安や悩みを抱えたときは、誰かを頼りたい気分になります。でも、人からウェットなつきあいを求められると勘弁して欲しいと思うのでしょう。

恋愛傾向

恋愛面ではしたたかな大人。男性をシビアに観察し、彼こそはと思う相手を見つけて初めて、恋心が覚醒します。それでもまだ情熱の炎が一気に燃え上がるところまではいかず、いい友達や知り合いという関係をキープ。

やがて、しびれを切らした相手から告白され、やっとスイッチが入るといった具合かもしれません。リアリストで相手に求める条件が具体的、かつ細かいのもネック。さらにそれに追い打ちをかけるのが、そこそこのレベルでは満足できない完璧主義な面。結果、縁遠くなってしまいます。

周りが焦ってお手軽恋愛に走っても、あなたは至ってクール。あまりに普通にしているせいで、恋人がいると誤解されることも少なくなさそう。シングル歴を淡々と更新してしまうのはそのせい。

でも、本当に心から愛せる男性が見つかれば、一途で尽くす女性に変貌し、深い愛に目覚めるでしょう。ただ、意外にシャイで自分の気持ちをダイレクトに伝えるのは苦手。好きな人の前でつい素気なく振る舞い、気取っていると誤解されやすいところは注意が必要でしょう。

仕事

頭の回転がシャープで、情報やマニュアルに強く、レスポンスも素早いなど多様なスキルは、どんな部署に配属されても頭角をあらわすでしょう。それでいて、野心的ではなく、むしろソフトでスマートな印象が強い点は何よりのセールスポイント。

状況や相手に合わせてソツなく対応でき、出すぎたマネも妙にへりくだることもせず、凛としたスタンスを貫けます。派閥や権力争いとも無縁でいられるでしょう。

適職は、バイヤー、美容部員、テレフォンオペレーターなどです。

相性がいい星座×血液型

さそり座×A型の男性
憧れを絵に描いたような恋より、安定した関係を選ぶ堅実なあなたにとって、根が真面目な彼は最終的に落ち着く相手。友人として長くつきあい、やがて結婚する可能性大。彼へのアプローチは、お互いの友達を交えて遊びに行こうと誘いましょう。気楽なつきあいから、大きな愛が育つはずです。

やぎ座×B型の男性
ドラマティックなアプローチ、一味違うデートなど、ドキドキ要素が盛りだくさんな彼は、最高の恋人候補。堅実な面もある彼とは、結婚を前提にした交際もできるはず。彼へのアプローチは、日頃から節約をして貯蓄に励んでいることを匂わせるといいでしょう。そうすれば、しっかり者だと思われ好印象に。

かに座×O型の男性
男気があり頼もしさも満点で、トキメキポイントが高い彼。その大胆さに、自分にはない魅力を感じ、あなたは強く惹かれていくでしょう。彼へのアプローチは、どんどん頼るといいでしょう。あれをしてほしい、これもしてほしいとお願いをすればするほど、彼は張り切り、あなたの存在が彼の中で大きくなります。

おとめ座×AB型の男性
お互いの思考や意図が何となくわかってしまうだけに、ウソや偽りは通用せず、その分ピュアな愛が生まれます。彼へのアプローチは、何でも正直に言うこと。いいことも悪いことも、思った通り素直に伝えましょう。そうすれば、彼もあなたに心を開いてくれるはずです。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ブラック
・ターコイズブルー
・グリーン

ラッキーアイテム
・電子書籍
・アンクレット
・クラシックのCD

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ

関連キーワード

KEYWORDS