女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【ふたご座・A型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「ふたご座・A型のあなた」編です。

基本性格

社交的で好感度も高いけれど、根は神経質なあなた。みんなでワイワイ盛り上がっていても、実は気疲れしやすく、人に言われたちょっとしたことを気に病みがちです。その分人の気持ちがわかるので、とても気配り上手ではあります。

個人主義のふたご座ですが、A型の協調性が人に不快を与えないようにさりげなくフォロー。あなたがいるだけで、その場の雰囲気がよくなると、周囲からは好印象。いつでもどこでも、天性の社交術を発揮するでしょう。

コンプレックス

ちょっとしたことでクヨクヨしたり、緊張してすぐお腹が痛くなったりすることを、コンプレックスに思っているあなた。クールでサバサバしているように見えて、意外と気が小さいところがあります。

しっかり者なので、場を仕切る役割を任せられることもありますが、そんな時は心臓がバクバク。そうした立場は、重荷でプレッシャーに感じられ、逃げ出したくなるでしょう。しかし、本来は責任感が強いので、本気になればやり遂げられるはずです。

恋愛傾向

ノリがよくてほどよくフレンドリーなので、男性ウケは抜群。街角で声をかけられたり、合コンで「よかったら連絡先交換しようよ」などというお誘いが多いでしょう。また、ミーハーで、みんなが好きになるような人気の高い男性に目が行きやすい傾向も。

なぜか友達と同じ人ばかり好きになる悪いクセがあるので、注意が必要です。簡単には人を好きにならないA型とは思えないほど、惚れっぽいタチです。ちょっとした偶然を運命と勘違いして、恋のスイッチがいきなりオンに。

しかも、A型の八方美人ぶりが同じ特性を持つふたご座によって強化されるため、男性に強気で迫られると、ついフラフラといってしまいます。好みではない男性の誘いにも乗ってしまう傾向があるので気を付けて。そのせいで、プレイガール的な見方をされることもなくはありません。

仕事

自由な立場で仕事をしたいふたご座ですが、社会性があり集団への帰属意識が強いA型の気質が強まると、会社に忠誠を誓うでしょう。転職などせず、定年まで同じ会社に勤めようと思うはずです。

また、アイデアが豊富なので、職場では業務の内容の見直しを提案したり、新商品の企画を出したりと、活発に仕事をします。決して受け身ではありません。律儀で真面目なので、長く勤めていれば、その功績が認められ出世への道が開かれていくでしょう。会社ではなくてはならない人になって、管理職、役員などになれる可能性大です。

適職は、事務職、機械のオペレーター、秘書などです。

相性がいい星座×血液型

おひつじ座×A型の男性
クールなあなたの心を燃やしてくれる彼。情熱的でありながら、礼儀をきちんとわきまえている彼に、あなたは強く惹かれていくでしょう。彼へのアプローチは、スポーツを習慣にして、活発さをアピールすること。デートに誘うなら、スポーツ観戦が特にオススメです。

しし座×B型の男性
ノリや波長が合う彼となら、何時間話していても飽きないでしょう。一気に情熱がスパークする刺激的な組み合わせ。彼へのアプローチは、彼からの告白を待たずに、あなたから積極的に気持ちを伝えること。「好き」と言わないまでも、「一緒にいると楽しい」と何度も言えば、あなたの思いは十分伝わります。

てんびん座×O型の男性
明るく社交的な彼とは、すぐに親しくなれるでしょう。初対面の時からいい印象を持つので、どちらかともなく連絡先の交換をし、その日から熱いやりとりが始まります。彼へのアプローチは、とにかくコミュニケーションを密にとること。雑誌や本を読んで豊富な話題を身に着ければ、自然と会話が弾むでしょう。

みずがめ座×AB型の男性
遊んでいるように見えて実は真面目。そんなあなたの複雑なキャラを、最もよく理解してくれるのが彼。一緒にいるだけで不思議と安心感が生まれます。お互いの自由を尊重することもできるでしょう。彼へのアプローチは、個性的なオシャレで心をつかむこと。きっと、あなたへの興味がますますわいてくるはず。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ピンク
・レモンイエロー
・グレー

ラッキーアイテム
・腕時計
・キーホルダー
・詩集

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ