女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【ふたご座・O型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「ふたご座・O型のあなた」編です。

基本性格

明るくフレンドリーなふたご座と、スバ抜けた社交スキルがあるO型。人間関係において、最強のツキを持つコンビネーション。多彩な人脈があるため、おもしろい人生を歩めるでしょう。

いつでもどこでも大勢の人たちと群れているのが好きで、単独行動は好みません。その点では、さびしがり屋だと言えるでしょう。人を受け入れるキャパシティが広いので、どんなタイプの人ともたちまち親しくなってしまえます。人見知りという言葉は、あなたの辞書にはないでしょう。

コンプレックス

飽きっぽいあなたは、詰めの甘い点があり、1つのことを掘り下げるのが苦手です。そのため、目標を掲げても、なかなか達成できないことが多いでしょう。明るく大らかに見えて、意外に悩みを持ちやすいのはそのせい。

何もできないと思っているため、自分に自信が持てません。そうした弱点から目を逸らすため、大勢の人とにぎやかに遊び、気を紛らわせようとするのでしょう。大勢でいるときは笑顔でも、一人になるとクヨクヨとしたりします。

恋愛傾向

あなたは恋愛偏差値がとても高いタイプ。O型のオープンでほがらかな愛情傾向が、かけひき上手で洗練されたラブテクニックを持つふたご座の特性によって強化されたあなたは、男性のあしらいが上手なラブゲームの達人。

複数の候補の間を行き来し、その中から最も優秀な男性を選びとり、結ばれるのが、ハッピーエンドの典型パターンです。明るくてノリがいいので、合コンなどでも、率先して会話を盛り上げ、1番人気の男性をさらっていくでしょう。

だからといって、根っからのプレイガールではありません。意外にピュアで一途な面も。交際にいたった後は特に、自分だけを見てほしいという気持ちが強くなり、恋人を束縛するかもしれません。しかし、相手は縛るのに、自分は自由でいたいと思ってしまう困ったところもありそうです。

仕事

あなたは、あまり仕事熱心ではありません。仕事ができないわけではないのです。企画力やコミュニケーション能力は抜群ですので、そうした仕事を任されれば、誰にも負けないでしょう。ただ、仕事だけの人生はつまらないと思っています。

あなたは仕事人間にはなりきれないため、プライベートが充実していることが重要なポイントとなるでしょう。毎日定時で帰り、休日はしっかり休める仕事でないと続きません。待遇や環境のいい仕事を求めて、職を転々とする傾向もあるでしょう。

適職は、フリーライター、アナウンサー、画家などです。

相性がいい星座×血液型

しし座×A型の男性
あなたのフレンドリーさとラブテクニックをもってすれば、カタブツの彼とはいえ、その気にさせるのは難しくありません。真面目な彼ですが、あなたに影響を受けて、冗談などを言うようになるかも。彼へのアプローチは、一緒に映画を観に行って、その感想を話し合うといいでしょう。いっきに距離が縮む予感。

てんびん座×B型の男性
スタイリッシュだけど気まぐれな彼。あなたとの共通点は抜群のフットワークの軽さ。「あそこのお店に行きたいね!」とどちらかが言えば、「今行こうよ!」とすぐに話がまとまるでしょう。彼へのアプローチは、試しにわざと意地悪なことを言ってみて。きっと、彼はラブゲームとして楽しんでくれるはずです。

おひつじ座×O型の男性
肉食系で単純思考の彼は、あなたにとって最も攻略しやすい相手。彼の長所や魅力を大げさにほめるだけで、素直に感激。あなたにのめり込んでくるでしょう。彼へのアプローチは、ちょっとセクシーな洋服を着て、色気で悩殺するのが◎。彼は顔を真っ赤にしつつも、うれしさを隠せません。

いて座×AB型の男性
彼もあなたも好奇心旺盛で社交的。なので、グループレジャーや飲み会で意気投合できる可能性大です。彼へのアプローチは、みんなでいるときにも、こっそり彼にちらちら視線を送ってみましょう。きっと彼はあなたを強く意識します。みんなが何かに気を取られている隙に、テーブルの下で手を握ったりするのは◎。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・バイオレット
・ベージュ
・モスグリーン

ラッキーアイテム
・ティースプーン
・アロマソープ
・キャンドル

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ