女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【かに座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「かに座・B型のあなた」編です。

基本性格

喜怒哀楽が激しいかに座と、エキセントリックなB型。この2つが組み合わさったあなたは、感情がモロに顔に出やすく、ご機嫌なときは周りにも優しいけれど、虫の居所が悪いと八つ当たりしてしまいます。ただ、仲間を大切にするため、友人は多いはず。

明るく楽しい面がありますし、人情家なのでみんなから好かれるでしょう。世話好きなので、困っている人をみたら放ってはおけない、正義感の強いところもあります。また、ちょっと寂しがり屋で、涙もろいでしょう。

コンプレックス

感情が素直に出るタイプなので、苦手な人には、顔や態度に出てしまいます。そんな大人になりきれない自分に対して、コンプレックスを持つことが多いでしょう。

あなたに対して厳しい意見を言ってくる人を、ありがたいとは思うものの、素直に言うことを聞けません。つい、「でも……。」「だって……。」と言い訳をしてしまうでしょう。人から目をかけてもらえるわりには、世渡り下手です。期待に応えられない自分を、もどかしく思いつつも、自分を変えられず悩みます。

恋愛傾向

恋愛面では、とても敏感でセンシティブ。ビビッときたら条件やお互いの立場などお構いなしです。モラルもプロセスも一気に飛び越えて瞬く間に恋に落ちます。

しかも、惚れっぽい上に思い込みが激しく、「今度こそ運命の出会い!」「相手も絶対に私のことが好きに違いない!」と一方的に妄想がふくらみ、四六時中相手のことしか考えられなくなるでしょう。そんな風に恋に身を焦がす、根っからの恋愛体質です。

そんなあなたですから、おのずとたくさんの恋愛遍歴を重ねることに。どんなに激しい恋に燃えても、相手から深く愛されても、ある日ふいに別の男性が現れては、また恋に落ちてと幾多の縁を渡り歩きます。

周囲からはプレイガールと思われますが、あなた自身は毎回純愛をしているつもりでしょう。どの恋も本気なのです。

仕事

献身的な世話焼きさん。まるで母親のように、職場の人たちの不安を和らげやさしく守ることに生きがいを感じています。共に働く人たちは家族も同然。人一倍の愛情を注ぎ、職場にアットホームな雰囲気を作り上げます。

もしも誰かが仕事でミスをして落ち込んでいたら、「大丈夫?」とすかさず慰めてあげるでしょう。転職はまずしません。居心地のよい職場に長く居続け、好かれる上司になっていくのです。マメで気配り上手なので、毎日職場の人たちやお客様のためにていねいにお茶を入れ、たかがお茶くみにもテクニックがいるのだと誇っています。

適職は、事務職、茶道華道の先生、家政婦などです。

相性がいい星座×血液型

おうし座×A型の男性
ちょっと気が弱い彼は、母のような優しさで包んでくれるあなたに、べったり甘えたいと思うでしょう。彼へのアプローチは、あなたの手作りの料理を差し入れしてあげるとよさそうです。献立は、おふくろの味を想わせるようなものにするのがベター。

やぎ座×B型の男性
あなたの極端な感情のアップダウンにも動じないのが、アバウト気質の彼。どんなに泣こうと暴れようと、次に会ったときはお互いケロりとして笑い合えるはず。彼へのアプローチは、どんどん頼って彼に甘えるといいでしょう。相談事を持ち掛けたりするのが、オススメです。

うお座×O型の男性
優しい彼は、ちょっと気まぐれなあなたを手のひらで泳がせ、甘えさせてくれるでしょう。父性と人情に満ちた彼に、感謝を忘れないようにすることが大切です。彼へのアプローチは、彼が欲しがっているものを、サプライズでプレゼントしてあげるのがオススメ。何がいいのか、しっかりリサーチを。

さそり座×AB型の男性
感情の起伏が激しいあなたと、冷静沈着な彼。一見かみ合わないように感じても、理性的で思慮深い彼は、情に流されやすいあなたにバランスをもたらしてくれる相手です。歩みよって味方につければ、最強のサポーターに。彼へのアプローチは、悩みや弱みを率直に語ってみるといいでしょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・サーモンピンク
・ミルキーホワイト
・エメラルドグリーン

ラッキーアイテム
・パールのアクセサリー
・シルクのスカーフ
・ミントガム

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ