女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【かに座・AB型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「かに座・AB型のあなた」編です。

基本性格

心根が温かいかに座の性質と、目に付きにくい部分にもよく神経が行き届くAB型の性質を持つあなたは、気配り美人です。派手さはないものの、こまやかで優しいその魅力は、誰もが認めているはず。繊細で傷つきやすいため、防衛本能が強いタイプ。

ドロドロした関係からは1歩引くことができるでしょう。トラブルにならないように、うまく立ち回れます。感情的になってしまっても、自分で落ち着いてコントロールします。物事を冷静にとらえられるので、常に余裕があるように見えるでしょう。

コンプレックス

人見知りが激しいせいで、なかなか人になじめないことが多く、そうしたところにコンプレックスを持っているでしょう。特に、初対面の人が大勢集まる、飲み会や合コンなどは苦手で、無理に参加をしてもあまり楽しめません。

しかし、人と一緒にいると疲れるけれど、一人になると寂しくなってしまうという、少々複雑な心を持っているあなた。寂しいのに「寂しくなんてないよ」とウソをつくこともしばしばです。

恋愛傾向

とにかく一途です。恋愛に至るまでは長いのですが、1度交際を始めてしまえば、べったりするタイプです。AB型のクールさはなくなり、かに座の性質が前面に出てきます。のめり込んで相手に尽くし、相手が喜んでいるのを見て喜ぶタイプです。

好きな人に対しては、かなり依存する傾向があるでしょう。やきもちを焼いたり、束縛をし過ぎたりもします。そうなったら、好きな相手に逃げられます。恋愛以外の楽しみを持ち、恋愛にだけ興味が向かないように気を付けましょう。

ただ、好きな相手に優しく、時に厳しくもできるところは、男性にとってはお母さんのような存在に感じることができるため、安心感を求める男性には、好意を抱かれやすいでしょう。

仕事

面倒見のいいかに座と、冷静沈着なAB型の気質が合わさったあなた。リーダーを1歩後ろから支えるような仕事への適性があります。自分が人を引っ張って行く立場ではなく、常にナンバー2の役割をしていけば、力を発揮できるでしょう。

また、あなたは安定した生活があってこそ、安心して働くことができるタイプ。大企業など比較的経営が安定した会社選びが重要になってきます。特に、生活に密着したなじみのある品物を扱う仕事には、興味を持てるでしょう。あなたの保守性を活かして働くことができます。

適職は、営業事務、不動産業、食品関連の仕事などです。

相性がいい星座×血液型

さそり座×A型の男性
誠実な彼の優しさや気配りが、あなたの閉ざされた心にじわじわと沁み込み、やがて扉を押し開くことに。時間がかかった分、二人の関係は息の長い交際へと発展するでしょう。彼へのアプローチは、思いっきり甘えましょう。繊細なあなたの気持ちを分かってくれるのは彼しかいないと信じて。

おうし座×B型の男性
裏表のない性格や飾らない正直さが魅力の彼。不器用な人ですが、彼の誠実さを知るうちに、あなたのハートはとろけていくでしょう。気づいたら大好きになっているはず。彼へのアプローチは、あなたの本音を語ること。どんなあなたも、包容力のある彼なら受け止めてくれて、頼もしくリードしてくれるはず。

やぎ座×B型の男性
情に厚く面倒見のいい彼は、内気で繊細なあなたを何かとかまってくれるいいお兄さん的存在に。頼もしさが何より魅力の彼ですが、ちょっとデリカシーに欠ける面も。彼へのアプローチは、好きなら「好き」とストレートに言うのが◎。遠回しに言って通じる相手ではありませんが、ひとたび心が通じ合えば、深い愛を注いでくれます。

うお座×AB型の男性
クールな個人主義者の彼は、あなたのプライベートや微妙な内面世界に踏み込んでこないのがいいところ。余計な気兼ねをせずにつきあえ、いつも心穏やかでいられるはず。彼へのアプローチは、まずはメールやSNSでのやりとりで親しくなるといいでしょう。そこから、クールな彼の隠れた本音に少しずつ触れていきましょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ターコイズブルー
・エメラルドグリーン
・ショッキングピンク

ラッキーアイテム
・マスク
・キッチンタイマー
・動物が主人公の絵本

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ