女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【しし座・A型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「しし座座・A型のあなた」編です。

基本性格

しし座座の支配欲とA型の控え目さという、相反する要素を持つあなた。表立っては仕切らないまでも、陰で人を動かす裏ボス的なキャラといえるでしょう。あなたの周りには自然に人が集まってくるでしょう。器の大きさと、面倒見の良さから自然と多くの賛同者を得られます。

向上心が強く、たとえ挫折を味わうことがあっても、必ず立ち上がって挑戦し続ける根性の持ち主です。プライドが高く、女王様のような振る舞いをすることがありますが、明るい性格が調和し、反感を買うことはほとんどありません。

コンプレックス

見栄っ張りなところがあり、態度やお金の使い方で無理をしてしまいます。お金がないのに、友達や後輩に食事などをおごってあげて、お給料日までもたない……などということも。そんなところにコンプレックスを持っているでしょう。

プライドを捨てて、自分の弱みを見せたり、正直な思いをぶちまけることができたら、もっと楽なのにとわかっているのですが、なかなかそうはできません。

恋愛傾向

大胆でロマンティックな恋愛を求めるタイプ。映画やドラマに出てきそうなシチュエーションで告白されるのを夢見るあなた。プライドが高いしし座座なので、自分から男性に告白することはほとんどありません。

加えて、A型の奥手さもあって、なかなか恋が実らないかも。ただ、見た目が華やかなオーラがあるので、男性から追いかけられて女王様のよう扱われるとうれしく、追われると好きになっていく傾向が強いです。けれど、ベタベタするような付き合い方は好みません。

一見すると冷めているのかと思われるくらい、あっさりした関係を好みます。親密になればなるほど、無意識に自分ペースで物事を運び過ぎて、強引に相手を自分の思い通りに動かすところがあります。

もし失恋をしたら、落ち込みが激しく、立ち直るのに時間がかかるでしょう。別れた男性への未練が断ち切れず、時間をかけて復縁に挑むパターンにもなりがちです。

仕事

男性と肩を並べてバリバリ働くタイプです。向上心が強いので、どこまでも上を目指していきます。失敗や挫折をしても、へこたれることはありません。這い上がるだけの根性も、頭脳も持ち合わせているので、成功をおさめるでしょう。

ただ、人に使われることが苦手なので、自分で起業したほうが自分らしく働くことができるかも。勤めるなら、なるべく華やかな業界が合っているでしょう。地味な会社の制服を着て、働くような職場は合っていません。

適職は、マーケティング、美容・服飾関連、広報などです。

相性がいい星座×血液型

おひつじ座×A型の男性
情熱的でありながら、しっかりと地に足のついた彼。あなたとは共通点が多く、話がよくかみ合うでしょう。ノリも一緒なので、デートの話などはすぐにまとまります。彼へのアプローチは、わかりやすいのが一番。好きなら「好き」と早く言ってしまいましょう。きっと、彼はいい返事をすぐにその場でしてくれるはず。

いて座×B型の男性
突拍子もないことをする彼に、真面目なあなたはドキドキさせられそう。彼の華やかさに目を奪われて、気づいたらあなたは夢中になっているはず。彼へのアプローチは、彼の前ではできるだけ華やかな洋服を着るようにしましょう。まずは見た目で、彼の気を引くのが大切です。

ふたご座×O型の男性
まったく違う性格に見える二人ですが、わかり合える部分が多い彼とあなたは、出会ってすぐに恋に落ちてもおかしくない相性です。彼へのアプローチは、言いたいことはハッキリ言うこと。いけないことはいけないと、ちゃんと言ってあげれば、彼はあなたに感謝するでしょう。

てんびん座×AB型の男性
オシャレ感度の高い彼は、スタイリッシュな恋に憧れています。華やかな雰囲気を持つあなたは、彼の憧れの存在になれるでしょう。彼へのアプローチは、あなたの恋愛観や人生設計などをしっかり伝えてみて。意外としっかり者なのだなと、彼に感心されるはずですから。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・パッションオレンジ
・ペールグリーン
・ゴールド

ラッキーアイテム
・クラッチバック
・コサージュ
・バラの模様の小物やアクセサリー

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ