女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【しし座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「しし座・B型のあなた」編です。

基本性格

しし座のスター性とB型の純粋な無邪気さを合わせもつあなたは、いつでもどこでも陽気でハイテンション。圧倒的なパワーと存在感で、周りを自分のペースや世界に巻き込むのが得意技でしょう。リーダー気質が強く、周りの人たちを引っ張っていきます。

太陽のように明るい性格です。ただ、プライドが高いため、自己中心的になりやすい傾向も。不思議なオーラがあるので、周囲の人たちは、振り回されながらもあなたに従ってしまうでしょう。人から指図されるのを嫌い、束縛されると逃げたくなります。

コンプレックス

常に自分に正直でありたいと思うため、言葉にすることは正直な気持ちだけ。お世辞や心にもないことを言えない、純粋な人です。そのため、人を怒らせてしまったりして、損をすることも多いでしょう。

そんなところにコンプレックスを持っています。つまり、世渡り下手なのです。もっと、器用に立ち回れたら、人とつきあうのがもっと楽になるだろうと思うのですが、自分にウソをつきたくはないと葛藤しているでしょう。

恋愛傾向

洗練された華やかな恋愛に憧れを持っています。好きになると情熱的で、恋愛を成就するために全力でがんばるタイプです。ただ、恋愛が成就してしまうと、テンションが下がってしまうかも。つまり、好きな相手を追いかけているときが最も燃えるのです。

みんなが憧れるようなモテる男性とつきあいたいという欲求が強いので、周囲からは自信家に見えます。実際、見た目がゴージャスなので、大抵の男性はおとすことができるでしょう。

セックスアピール力があるので、合コンやパーティシーンではよくモテて、一目惚れされることもあります。ウソのつけない正直者で、ストレートに自分の感情をぶつけるタイプ。交際することになったら、恋人には何でも包み隠さず言います。

その激しさに、恋の相手はついていけないと思うこともしばしば……。交際相手のペースや気持ちを、よく考えるようにして合わせることも覚えれば、恋は長続きします。

仕事

一匹オオカミタイプなので、人に使われることは苦手です。また、集団で行う作業も不得手なので、一人でやれる仕事の専門知識を身に着けるとよいでしょう。仕事はできますが、自己中心的なので、敵を作りやすいかもしれません。

独立起業したり海外へ新天地を求めていくと、成功しやすいでしょう。たとえ何度か挫折しても、そこから這い上がってくる根性や情熱があります。ですから、その気になれば、粘り強さで大成功するでしょう。

適職は、医師、弁護士、俳優、起業家などです。

相性がいい星座×血液型

ふたご座×A型の男性
ユーモアセンスがあるけれど、ちょっと小心者の彼。大胆なあなたに、姉のような母のような魅力を感じ、好きになってくれるでしょう。彼へのアプローチは、あなたの弱さやデリケートさをアピールすると、華やかな見た目とのギャップを感じ、さらに好きになってくれるはずです。

てんびん座×B型の男性
すぐさま恋が生まれる相性。情熱と欲求にあおられるまま、人目もモラルも無視してドラマさながらの恋物語を繰り広げられるでしょう。彼へのアプローチは、何もしなくて大丈夫。ただ黙って彼の目を見るだけで、あなたの気持ちは伝わります。そのくらい、二人は縁が深いのです。

おひつじ座×O型の男性
さまざまなプランを、一緒に実現できるゴールデンコンビになれる彼とあなた。あなたの豊かな想像力が、彼の行動力によって具現化するでしょう。彼へのアプローチは、気軽にあれこれ提案をするのが◎。デートで行きたい場所、食べたいものなどを、遠慮なくリクエストしてみて。

いて座×AB型の男性
好きになったら一直線に進むあなたと同様に、情熱的な彼。でも、彼を知るほどにクールな一面を知ることになり、そこがまたいいとどんどん惹かれていくでしょう。彼へのアプローチは、あふれる情熱はひた隠しにして、気のないそぶりで淡々と接してみて。そのほうが、後々有利な展開に持ち込めます。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・オーシャンブルー
・ブラック
・シルバー

ラッキーアイテム
・自己啓発本
・リップクリーム
・キーホルダー

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ