女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【しし座・O型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「しし座・O型のあなた」編です。

基本性格

しし座もO型も人を惹きつける魅力に富んでいます。人気と注目度はぬきんでたものがあるでしょう。華やかなムードに包まれていても、気取ったところがなく、ざっくばらんな人柄で慕われています。太陽のような明るさを持っていながら、落ち込んでいる人に対しては、落ち着いた心で寄り添うことができます。

つまり、場の空気を読んで臨機応変に振る舞うことができるので、人から好かれるタイプなのです。ただ、人気者ゆえに、ひがみややっかみを受けることも多く、ときに意地悪をされたりするかもしれません。

コンプレックス

感情的になって、怒りっぽくなることがあるようです。普段はサバサバしていて、明るいのですが、カッとなったら、自分で自分の感情が制御できなくなることも。そんなところにコンプレックスを持っているでしょう。怒りをあらわにしたために、何かを失ってしまった経験も多いはず。

自分の感情をコントロールすることを、覚えたほうがいいでしょう。何かよいストレス発散法を見つければ、ずっと穏やかで冷静でい続けられるかもしれません。特に、スポーツを習慣にするのはオススメです。

恋愛傾向

あふれんばかりの情熱と広い心と深い愛を持っているあなた。その魅力で男性を惹きつけるため、よくモテます。相手から口説かれて始まる恋よりも、自分から好きになった人にアプローチして落とすのを好みます。

ただ、なかなか振り向いてくれないような男性ばかり好きになるので、モテるわりには恋愛経験が少な目かもしれません。一途な性格なので、1度好きになったら、なかなかあきらめることはできないでしょう。

長い片想いを続けてしまう可能性大です。けれど、恋をしている自分が好きなナルシスト傾向があるので、片想いでも幸せなのかも。

恋愛にはロマンティックな夢を求めますが、結婚にはシビアで現実的な目を持っています。安定した家庭を築ける相手かどうか、経済力があるのかなどをしっかり見極めるでしょう。

仕事

仕事では、常に成長し続けたいという向上心を持っています。この程度でいいやと、妥協することはありません。自分にも他人にも厳しいタイプです。そのため、社会的に大成功をおさめる可能性が高いでしょう。大らかで懐が深いので、人を育てる力もあります。

頭の回転がはやく、器用でどんなことでもそつなくこなせます。行動力もあるので、頭と身体の両方を使う仕事が向いているでしょう。人脈を作るのがうまいので、何かと人からの引き立てがあり、それにより出世していけるタイプです。

適職は、営業、マスコミ関連、タクシーの運転手などです。

相性がいい星座×血液型

いて座×A型の男性
おおらかで明るい彼は、気の強いあなたのよき理解者。共通点がなさそうなのに、不思議と波長が合います。彼へのアプローチは、彼の得意分野について教えを請うのが◎。彼の趣味や何か情熱を傾けているものがないか、しっかりリサーチを。あなたがそれについて興味を示せば、好印象に。

ふたご座×B型の男性
ハーモニックな相性。彼と一緒に行動をすると楽しくて、時間が経つのも忘れて盛り上がれそう。型にはまらない自由な交際ができる二人です。彼へのアプローチは、ちょっとセクシー目の服を着て、悩殺するのがベター。彼の本能に火をつければ、すぐに心をつかめます。

てんびん座×O型の男性
あなたにとって、彼は心地よいパートナー。二人は性格やキャラが似ているため、特別自分の気持ちを説明しなくても、ツーカーで理解し合えるので、一緒にいて気楽です。彼へのアプローチは、彼の好きな食べ物を作って持っていくといいでしょう。まずは彼の胃袋をつかんで。

おひつじ座×AB型の男性
スターオーラの輝くあなたと、スタイリッシュな彼は、絵になるカップル。一緒に街を歩けば、人がふりかえって見るかもしれません。彼へのアプローチは、オシャレの手をぬかないこと。ファッションやヘアスタイルは、最新流行のものを取り入れて、彼の目を奪いましょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ミルキーホワイト
・ベージュ
・オレンジ

ラッキーアイテム
・色えんぴつ
・写真入れ
・ミントタブレット

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ