女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【しし座・AB型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「しし座・AB型のあなた」編です。

基本性格

しし座特有の存在感やスター性が、AB型のスタイリッシュなセンスでカスタマイズされ、女王様キャラとして開花。華やかでプライドが高く、周囲を家来のように従えているかもしれません。たとえ悩んでも、一瞬で吹き飛ばしそうだと思われがちですが、実は心の奥で一人悩んでいることも。

意外と繊細なところがあります。また、独りよがりな性格とプライドの高さが相まって、なかなか人に弱みを見せられません。けれど、そんな悩みはまったく出さず、リーダーとして多くの人を引っ張っていく立場にいることが多いでしょう。

コンプレックス

本当は人を頼りたいのに、強がってしまい、一人でがんばり過ぎてしまうあなた。そんなところをコンプレックスに思っているでしょう。できないことはできないと正直になれず、頼まれたら「NO」と言えないので、いろいろと背負い込み過ぎて、ついにはパンクしてしまうことも。

過労で体調を崩すこともあるでしょう。引き受ける前に、できるかどうかをよく考えましょう。そして、無理だと思ったら、手伝いを頼むことも大切です。無理をしたために、かえって相手に迷惑をかけてしまったら、もともこもありませんから。

恋愛傾向

プライドが高いので、恋愛の相手もワンランク上の男性を選ぶことが多いようです。1度狙いを定めたら、恋の成就に向けて前向きに努力を重ねていきます。自分磨きも怠りません。冷静で自分を見失うことはないので、恋の相手選びに失敗することは少ないでしょう。

ただ、自分からアプローチすることは苦手です。やはりプライドの高さが邪魔をしてしまうのでしょう。もし好きな人ができたら、相手のほうから告白してもらえるように、巧に仕向けていきます。そんな上級テクニックが使える人です。

交際に至ったら、恋の駆け引きを楽しみつつ、愛を深めていくことができます。マンネリになることはなく、つきあいたてのテンションをいつまでも持続することができるでしょう。

仕事

自己顕示欲が強いので、自分を表現する華やかな仕事が向いています。裏方仕事ではなく、表舞台で活躍する役割を担うのがいいでしょう。周囲の人たちから頼りにされて、リーダー役を任されることも多いかも。一人でコツコツ地味にやるような仕事は向いていません。

カリスマ的なオーラはありますが、起業などのだいそれたことをするのは、よくよく考えてからにしたほうがいいでしょう。できれば、組織の中で活躍することをオススメします。孤軍奮闘するよりも、守ってもらえる器がある場所で輝けるあなただからです。

適職は、エスティシャン、事務職、グラフィックデザイナーなどです。

相性がいい星座×血液型

みずがめ座×A型の男性
優しくて気配り上手な彼は、女王様気質のあなたにとって、有能な執事のような存在。最初は安全パイかキープのつもりが、その誠実さやピュアさにほだされ、本気で好きになってしまうでしょう。彼へのアプローチは、「みんなで飲み会するからこない?」と誘ってみるのが無難です。

おひつじ座×B型の男性
独特の個性と強烈なインパクトを持つ彼。ユニークな提案や型破りな言動に、振り回されつつも、あなたはどんどん惹かれていくでしょう。彼へのアプローチは、ボディタッチが有効。さりげなく、彼の肩や背中に触れてみて。彼の心に火をつけて、すぐに恋に持ち込めるはずです。

てんびん座×O型の男性
自意識が強い彼とは、最初反発し合うかも。でも、ケンカするほど仲がいいという関係に、次第にシフトしていきます。何でも言い合える刺激的な関係になれるでしょう。彼へのアプローチは、わざと他の男性が気になっているフリをしてみて。きっと彼は焦って、あなたにせまってくるでしょう。

いて座×AB型の男性
あなたも彼も、洗練された知性と感性を持つ同士。とても気が合う二人です。すぐにドラマティックな恋が始まっていくでしょう。彼へのアプローチは、プレゼント作戦が効果的。彼が今何を欲しがっているのか、リサーチしましょう。そして、それをサプライズであげれば、喜ぶこと間違いなし。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ダークブルー
・グレイ
・イエロー

ラッキーアイテム
・星の柄の小物
・蛍光ペン
・りんごジャム

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ