女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【おとめ座・A型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「おとめ座・A型のあなた」編です。

基本性格

おとめ座もA型も、良識を備えた優等生。真面目でそつがなく、お堅いイメージが強いものの、おしゃべり好きで少女趣味な人も多い生まれです。とてもピュアな心の持ち主で、曲がったことや不正を嫌います。

また、向上心があり、ひたむきに努力をするでしょう。高い目標を持ったら、有言実行で必ず実現させます。そのため、人生で数多くのものを手にできるはず。他人から期待をされたり、頼りにされることも多く、信頼が厚い人だと言えるでしょう。

コンプレックス

内向的で傷つきやすいところを、コンプレックスだと思っているでしょう。あなたは、正しさや清らかさ、純粋さなどの美しい理念を心に抱いていますが、周囲の人たちがそれらの価値を平気で踏みにじるのを見て、人一倍傷つくタイプです。

そのため、自分の内なる世界にこもって、どうせ誰も自分の気持ちなんかわかってくれないと、孤独になりがちでしょう。もっと大らかで、いい意味でいい加減になれれば、楽に生きられるはずなのになかなかそうはできません。

恋愛傾向

真面目で誠実な人柄そのままの恋愛をします。好きになった男性には、細かく気配りをし、自分ができることは何でもしてあげようとするはず。ただ、シャイなので、好きな男性ができても、相手も自分に好意を持ってくれていると確信するまでは、そっけない態度をとりがちです。

傷つくことを恐れるので、なかなか自分から行動を起こせません。けれど、たとえ片想いでも、ひとつの恋愛を長く続けるでしょう。とても一途だからです。基本的に恋には受け身で、男性のほうからの告白をひたすら待ちます。自分からガンガンアプローチしていくタイプではありません。

ただ、気位が高いので、せっかくアプローチされても、お断りをしてしまうことも少なくないでしょう。恋には不器用ですが、経験があまりないため、よけいに恋への憧れや妄想だけは強くなりがちに。恋に恋するタイプです。ただ、つきあったら一途に相手を愛するので、いい恋人、いいお嫁さんになれるでしょう。

仕事

完璧主義なので、与えられた仕事はきっちりとこなします。コツコツ努力型です。わからないことや、面倒なことがあっても、必ず最後までやりとげる根性の持ち主。

ただ、自分と同じように周りにも完璧を求めてしまいがちです。理不尽なことや、いい加減に仕事をしている人が許せないところがあります。感情的になることはありませんが、仕事のストレスはたまりやすいでしょう。

適職は、経理事務、研究開発、エンジニアなどです。

相性がいい星座×血液型

おうし座×A型の男性
あなたも彼も、誠実で安定を求めるタイプ。愛情ベクトルの方向が一致しているだけに、いい関係を築けます。彼へのアプローチは、「どこかおいしいお店知りませんか?」と聞いてみて。グルメの彼はきっといいお店を紹介してくれて、「一緒に行こう!」と言ってくれるはず。

やぎ座×B型の男性
彼の型破りな発想に、あなたはただただ驚かされるでしょう。けれど、いつしかその気持ちが恋心へと育っていきます。彼もあなたに、自分にはない魅力を感じるはず。彼へのアプローチは、友達の力を借りましょう。彼の友達と仲良くなって、彼の情報をいろいろとつかんでいけば、どうせまれば効果的かわかるはず。

かに座×O型の男性
清純で女らしいイメージのあなたは、俺についてこいタイプの彼にとっては、まさに理想のタイプ。彼の強い希望で交際が始まっていきそうです。彼へのアプローチは、黙って彼の前で微笑んでいればOK。あなたの可憐な笑顔に、彼はすぐに夢中になるのに違いありません。

さそり座×AB型の男性
あなたも彼も恋に積極的ではないものの、通じ合うものが多い組み合わせ。気配り上手な彼は、デリケートなあなたのことを気遣い、何かとサポートしてくれるはず。彼へのアプローチは、彼の前では強気の仮面も窮屈な鎧も脱ぎ捨てて、弱みや痛みをさらけ出せば、不思議と楽になれますし、彼の心をつかめるでしょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ピュアホワイト
・ターコイズブルー
・ブラウン

ラッキーアイテム
・ジャズのCD
・アロマオイル
・バスソルト

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ