都合のいい女を卒業して、幸せを掴みたい……!(ラブホスタッフの上野さん)

【質問】
私は極度の寂しがり屋です。
彼氏はずっとほしいと思っていますが、中々できません。
以前、飲み会で知り合った男性がいて、その人は、都合のいいときだけ「A子に会いたくなった」と連絡をしてきます。
連絡をシカトしていると「彼氏できたの?寂しいよ」と連絡してきて……。
ついつい、寂しさと気心知れている彼との時間は居心地がいいため、会ってしまうんですが、彼も私も真剣な関係に発展する気はなく……。

結局、「私はちゃんとした彼氏がほしいのに、何してるんだろう」と自己嫌悪に陥ります。
彼の連絡先を消したほうがいいことは分かっているんですが、なぜか出来ません。
私はどうしたら幸せになれますか?

 

ご質問誠に有難う御座います。

ご質問者様がどうしたら幸せになるかは分かりませんが、仮に自らの意思で、今回の男性の連絡先を消したとしても幸せにならないことは分かります。

身もふたもない話をすれば、ご質問者様のスマホからその男性の連絡先を消したとしても、その男性のスマホからご質問者様の連絡先が消えるわけでは御座いません。電話なのかメールなのかLINEなのか、一体何で連絡を取り合っているのかは分かりませんが、ブロックや着信拒否をしなければ相手からの連絡は届くので、それを見てまた連絡を取り合ってしまうことでしょう。

連絡先を消すか消さないか、なんてどうでもいいのです。そんなことでご質問者様の幸福度はほぼ全く変わりません。むしろ問題なのは、そんなどうでもいいことを悩んでいる、という事実の方でしょう。

率直な感想

端的に言いましょう。

私が今回のご質問文を読んだ感想は「要するに、この男性とちゃんと付き合いたいのね」で御座います。

先ほど「連絡先を消すか消さないか」で悩んでいるという事実が問題と言いましたが、それはこのことが原因でした。

ご質問者様が、その男性とちゃんと付き合いたいと思っているのだとしたら、連絡先を消す、という選択肢はそもそもにあり得ません。付き合いたい相手なのですから「消した方がいい」という前提そのものが間違っているのです。

そう考えればご質問者様が連絡先を消せないのも当然で「消したい」と思っている気持ちこそが間違っていると言えるでしょう。

おそらく、今回のご質問者様とその男性の関係は、基本的には「ご質問者様の一方的な片思い」に近い状態であると思います。しかし、この男性はご質問者様と「ちゃんと付き合う気」が恐らく、ほとんど全く御座いません。そして、二人の関係を続けている中でご質問者様も少なからずそのことを感づいていることでしょう。

さて、ここでご質問者様に問題が発生します。自分は相手と「ちゃんと付き合いたい」のに、相手はその気が全くない。しかも相手からは都合のいいタイミング呼び出され体の関係がある。

この状態で「私は彼とちゃんと付き合いたい」と思い続けていたら、どうなるでしょうか。

もちろん人によってどう感じるかは様々ですが、間違いなくその中のパターンの1つとして「自分があまりにも惨めになってしまう」というものが御座います。

何故ならば非常に耳障りの悪い表現をすれば、ご質問者様はその男性から“極めて都合のいい女”と思われ、扱われているのです。この世界に「都合のいい女」と思われたいと思っている女性はおりません。するとご質問者様はその状況を打開しようと考えるのですが、どうにもその男性の気持ちを変えることは難しそう。さらにその男性を嫌いになるのも難しそう。さらにさらに、仮に成功しないにしても、何かしら行動をしてみよう! と思うほどの行動力もない。

そこで自分も「私は彼とちゃんと付き合う気はない」と思うことにした。そうすればお互いがお互いに「都合のいい関係」のため、遊んでいるだけなので自分が惨めになりません。

しかも、今回のご質問文のように色々と悩みをひねくり回していれば、「悩み続ける」ということが出来るのです。

悩み続けていれば、悲劇のヒロインになるというある種の快感すら感じさせてくれることでしょう。

ゴールが見えていない

以上はご質問文から感じた私の推測で御座います。当然ですが間違っている可能性もあるでしょう。

もし間違っているのであれば、申し訳ございませんが、私がお力添えできることはあまり思いつきません。誠に申し訳ございませんが、変な男の戯言に付き合わされたとお考え頂ければ幸いです。

しかし、もし私の推測が当たっているのであれば、ご質問者様が幸せになる最初の一歩は自ずと見えてくることでしょう。

自分のゴールをしっかりと見据える。

ところで最後に1つだけお伝えしたいことが御座います。

ご質問者様がもし、悲劇のヒロイン、という快感に酔っているのであれば、それはその状態こそがご質問者様にとっての幸せでしょう。間違って、誰かと付き合って「世間的な幸せ」なんてものを手に入れてしまったら、不幸で不幸で仕方がなくなるはずで御座います。

 

 

ラブホスタッフの上野さんの記事をもっと読む
#ラブホスタッフの上野さん

 

Written by ラブホスタッフ 上野