女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【おとめ座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「おとめ座・B型のあなた」編です。

基本性格

しっかり者だけどどこかぬけていたり、ノリノリモードで真面目発言したり。多面性を秘めているのがおとめ座B型のあなたです。どんな顔を見せるかわからないあなたに、周囲は戸惑いつつも興味津々で近づいてきます。

決断力があるので、何をするにも即決してすぐに行動をします。とにかくスピーディ。正義感が強いため曲がったことはしません。人の心の内を読み取る洞察力はあまりなく、目に見えることのみを信じるタイプです。無邪気で明るいキャラクターなので、人からは好かれるでしょう。

コンプレックスに思っていること

相手の気持ちを考えずに発言するので、無神経な人だと思われがちです。また本当は寂しがり屋なのに、自分ではそれを認めようとはしません。

もともと人づきあいは苦手ではありませんが、素直に自分を出すと、なぜか相手は不機嫌になるので途方にくれてしまうことがよくあります。何かを言う前に、一呼吸おいてじっくり考えるようにしましょう。そうすれば、言っていいことと悪いことの区別がつきます。

恋愛傾向

行動力のある明るいあなたですが、恋愛となるととたんにシャイになります。また、理想が高くて、一切の妥協をしません。見た目も性格もよくて、将来性もあるパーフェクトな男性がいいと思っているため、なかなか恋人ができないと悩む期間が長いかも。

たとえ好きな人ができても、自分から想いを伝えることができないので、とてももどかしいでしょう。好意を持っていない男性とは気軽に話せるので、男友達は多いです。恋の話なども気楽にできますし、二人っきりで飲みに行くのなども抵抗はありません。

もし、恋愛が成就したら、恋人にはとことん尽くします。ただ、一途に愛し過ぎてしまい、相手がちょっと他の女性と話をしていただけで、嫉妬に狂ったりしがちです。

もっと大らかにならないと、恋人から距離を置かれてしまいます。相手を信頼することで、自分も信頼されるのだということに、早く気づく必要があるでしょう。

仕事

興味がないもの、単調なものを仕事にしてしまうと、すぐに飽きてしまい転職を繰り返すタイプです。なので、仕事を選ぶ際には、好きなことを選択する必要があります。また、チームでやる仕事よりも、一人で行える仕事のほうが向いているでしょう。

なぜなら、あなたは頭の回転がはやくて決断力もあるので、他の人と足並みをそろえなくてはいけない環境下ではストレスがたまるからです。同じことを毎日繰り返すのではなく、変化に富んだ仕事のほうが続くでしょう。

適職は、教師、職人、制作関連などです。

相性がいい星座×血液型

かに座×A型の男性
あなたのデリカシーと堅実さが、謙虚で誠実な彼の性格と共鳴し、信頼感で結ばれた関係を築けます。彼へのアプローチは、何かと優しい言葉をかけてあげるといいでしょう。「疲れてない?」「何か手伝おうか?」などと、声がけをしてみて。きっと彼はあなたの優しさにグッとくるはず。

さそり座×B型の男性
ノリが合うあなたと彼は、遊びのシーンでは最高のコンビネーションを発揮できます。一緒に休日を過ごせば、疲れもストレスも吹き飛んでしまうはず。彼へのアプローチは、共通の趣味や仲間を増やすといいでしょう。あなたが興味のあることや場所へ、どんどん彼を誘ってみて。

おうし座×O型の男性
完璧主義でかつアバウトな性格のあなた。この矛盾する性質を備えたあなたを、丸ごと受け入れてくれるのは、懐の深い彼だと言えるでしょう。彼へのアプローチは、人前では陽気なキャラを演じ、二人っきりになったら一転してシリアスな一面を見せるなど、意外性で心をつかんで。

やぎ座×AB型の男性
二面性を秘めた彼は、自己矛盾を抱えたあなたと通じる部分が多そう。複雑な思考回路や鋭い感性など、お互いにしかわからない感覚を理解し合える似た者同士だと言えます。彼へのアプローチは、「こんなところが同じ!」と、二人の共通点を強調するといいでしょう。きっと彼はあなたに運命を感じます。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ピュアレッド
・ピンク
・ダークグリーン

ラッキーアイテム
・練り香水
・日本茶
・上質なティッシュペーパー

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ