女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【おとめ座・O型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「おとめ座・O型のあなた」編です。

基本性格

繊細でストレスを抱えやすいおとめ座。でも、O型気質がそれを中和するあなたの場合、多少のことは水に流しつつ、周りを気遣う余裕が備わっています。

知性に恵まれており、無駄のない方法で確実に物事をこなせる高い能力を持っているので、どのようなことでも人並み以上の結果を出し、周りからも正当に評価されるでしょう。

うまくいっているときでも、気をぬくことなく自分自身に厳しくします。頭の回転が速く知的なタイプなので、ユーモアのある会話で人を楽しませることもできるでしょう。

コンプレックス

失敗を恐れるあまり、消極的になりすぎたり、手に負えない大きな問題に直面するとパニックになって全体を見失ってしまうような傾向があります。そんなところに、コンプレックスを持っているでしょう。

頭の回転の速さと慎重さゆえに、もし失敗したらという不安でいっぱいになり、大きく踏み出せないようなところがあるようです。自分の殻をやぶり、ひとまわり大きく成長するためには、冒険心や大胆さも必要となってくるでしょう。

恋愛傾向

清らかでロマンティックな恋愛を夢見ているあなた。自分から告白するのではなく、ステキな男性から告白されて、ある日突然交際が始まっていくのが理想なのでしょう。ただ、そんな相手があらわれるのをひたすら待っているうちに、月日がどんどん過ぎ去っていきそう。

時には自分から恋を求めて、積極的な行動に出ることも必要です。道徳心が強く、また傷つけられることを何より恐れる性格なので、人の道から外れた恋はまず興味がないですし、障害が多そうだと感じたら、あっさり身を引いてしまいます。

恋愛におけるステップを飛ばしたりすることなく、一歩一歩ゆっくりと登っていくのがあなたのスタイル。ですから、好きな相手とつきあったとしても、長い間プラトニックな関係を保っているなどということも少なくありません。でも、焦ることなく、お互いの愛情をゆっくりと育んでいくようにしましょう。

仕事

几帳面で何事もきちんとこなすことが出来るあなたは、細かな作業や時間がかかる作業が向いています。面倒見がいい人なので、リーダー的な立場にたっても、周りの人たちをうまくまとめることができるでしょう。

仕事があまりできない人に対しても、とても寛大に振る舞うことができます。相手がちゃんとわかるまで、粘り強く教えてあげることができるはず。いい先輩、いい上司になれるタイプです。部下の個性を伸ばすことに、やりがいを感じられるでしょう。

適職は、金融関係、技術職、研究者などです。

相性がいい星座×血液型

さそり座×A型の男性
現実主義の彼とあなた。地に足のついたカップルになれそう。派手さはありませんが、長く穏やかな交際を続け、最終的には結婚できる可能性が高いはず。彼へのアプローチは、あなたの夢や人生設計を熱く語るといいでしょう。きっと、彼も同じようなことを考えていますので、意気投合できます。

やぎ座×B型の男性
ちょっとくせがあって、アクの強い彼ですが、あなたとは意外と人生や恋愛に対する価値観、行動テンポがぴったり合います。一緒にいて、それほど違和感を覚えることはないはず。彼へのアプローチは、本やDVDの貸し借りをして、お互いの感想を伝え合うと、共通点がたくさん見つかります。

かに座×O型の男性
アグレッシブな彼には、最初はなかなか心を開けないものの、気づいたときには恋に落ちているでしょう。不思議な力で惹かれ合う二人です。彼へのアプローチは、連絡先を早く交換して、何気ないやりとりを毎日のように重ねましょう。「おはよう」「おやすみ」だけでも、彼の心に響くはず。

おうし座×AB型の男性
あなたと彼はサッパリとしたカップルになれます。ベタベタした付き合いが苦手で、干渉しない二人は、意外とうまくつきあっていけるでしょう。彼へのアプローチは、意識的にあなたの女らしさを示し、彼をメロメロにして。胸元の開いた服を着たりするといいかも。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・エメラルドグリーン
・レモンイエロー
・ナチュラルベージュ

ラッキーアイテム
・消しゴムで消せるボールペン
・花柄のブックカバー
・カカオたっぷりのチョコレート

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ