女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【おとめ座・AB型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「おとめ座・AB型のあなた」編です。

基本性格

オフィシャルには「デキる人」で通っているあなた。とはいえ、親しい仲間や家族の前では、やたらはしゃぎまわったり、急に静かになったりと情緒が安定しません。そんな二面性を持っているでしょう。

また、実直な性格なので、人が間違っていることをしていると、ハッキリと指摘します。白黒はっきりさせないと気が済まないタイプです。少し偏屈な印象を与えるので、近寄りがたいと思われがちです。会話になると、ズバズバとものを言うので、人から警戒されることも少なくありません。

コンプレックス

自分の本音をなかなか話せないので、仲間と過ごしていてもどこか孤独です。よほど信頼している人でないと、正直な気持ちを伝えることができないでしょう。そんなところにコンプレックスを持っています。

自分には本当の友達なんてできないと、ちょっと拗ねているところがあるのです。そうなってしまうのには、自分に原因があることに、あなたは気付いていないのではないでしょうか。

恋愛傾向

あなたは気品ある振る舞いができるので、常に男性の視線を集めているはずです。また、男性の気持ちをつかむコツを心得ているようなので、決して恋愛下手ではありません。

好きになった相手には、さりげなく好意を匂わせて、相手のほうから告白させるように仕向けたりもできます。そんな小悪魔的なことが、容易にできるタイプです。

ただ、あまり恋愛にガツガツしてはいないので、ライバルがいるとわかった時点で、自分から身を引いてしまったりします。ちょっとしたケンカをしただけで、この人とは縁がないのかもと、気持ちが冷めることも多いでしょう。もう少し、愛に執着してもいいかもしれません。

あなたと同じように、品があって落ち着いた男性を好む傾向があります。そうした相手には、ピュアで繊細な一面を見せれば、ギャップで好かれるでしょう。結婚したら、良妻賢母になること間違いなしです。

仕事

上品で物腰が柔らかいので、人と接する仕事に向いています。また、人の長所を引き出すコツを心得ているので、教えたり、伝えたりする仕事も向いているでしょう。何でも器用にこなせますし、責任感があるので、周りからの信頼も得られます。

あなた自身は、あまり出世欲はなく、気楽な立場でいたいと思っているでしょう。けれど、周りがほうってはおきません。あなたのように有能な人が、いつまでも平社員でいるのはもったいないと、管理職に抜擢される可能性大です。

適職は、アナウンサー、ウェディングプランナー、教師などです。

相性がいい星座×血液型

さそり座×A型の男性
シビアな恋愛基準を持つあなたから見ても、彼は余裕で合格点の優等生です。約束やマナーを尊重し、石橋を叩いて渡る慎重さに、あなたは安心して愛を捧げられるでしょう。彼へのアプローチは、手紙を書いて渡しましょう。あえて、古風なことをすると、意外と好印象です。

かに座×B型の男性
やんちゃ坊主の彼は、あなたにとってかわいい存在に。あなたに何かとちょっかいを出してくる彼を子どもっぽいと思いつつ、その純粋さには、夢中になっていきそうです。彼へのアプローチは、彼の話を熱心に、「うんうん」とうなづきながら聞いてあげればOK。それだけで、彼はあなたのとりこになります。

おうし座×O型の男性
ひときわ繊細なあなたを、大らかな愛で優しく包み込んでくれる彼。あなたは、彼の前でなら安心して、どんなことでも話すことができるでしょう。彼へのアプローチは、おいしいものを一緒に食べに行ってみて。きっと話がとても弾んで、次に会う約束もできるでしょう。

やぎ座×AB型の男性
あなたと彼は似た者同士。お互いのツボやタブーが同じなので、きっと話が合うでしょう。デリケートでストレスを感じやすい同士、お互いを気づかって心地よいスタンスでつきあえるようです。彼へのアプローチは、一緒に映画を観に行ってみて。きっと、泣ける場面、笑う場面が同じで、相性の良さを実感するはずです。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ブルー
・グレイ
・サーモンピンク

ラッキーアイテム
・リップグロス
・タオルハンカチ
・透明なマニキュア

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ