女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【てんびん座・A型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「てんびん座・A型のあなた」編です。

基本性格

てんびん座のバランスのとれた性格で、特定の人や派閥に肩入れしないあなた。どんな相手ともすぐに親しくなれる半面、特別親しい存在もいないなど、人当たりのいいA型にしては広く浅めの人間関係に。誰に対しても、自然体で楽に接しているように見えますが、ものすごく気を使うタイプ。

人と接するときは多くのエネルギーを消耗します。適当やいい加減なことができず、苦手な人に対しても真面目に向き合うので、ストレスがたまりやすいでしょう。また、知的好奇心が強いので、さまざまな勉強をするのがライフワークに。

コンプレックス

優柔不断で物事をなかなか決められないところを、コンプレックスだと思っているでしょう。ただ、それはあなたの優しさゆえでもあるのです。思いやりがあるあまり、ついつい自分のことを後回しにしてしまうところがあります。

あっちを立てれば、こっちが立たずと、人と人の間に板挟みになるハメにも。自分の考えだけで物事を決められないため、ふわふわしているように見えてしまいます。誰か、相談をするいい相手がいれば、その人に何もかも決めてもらえて楽になれるかもしれません。

恋愛傾向

恋愛に対しては、特にこれといった好みのタイプはなく、好きになった人が好みのタイプです。そのため、どんな男性が好きかと聞かれても、答えられないのではないでしょうか。結婚に対する願望はやや強めです。

できれば、自然な流れで、恋愛から結婚へと向かうのが理想でしょう。節度や品格があるあなたには、遊び目的の男性は近づいてきません。また、どんなに好きになっても、不倫や略奪愛はしないでしょう。

周囲との調和を重んじる人なので、みんなから祝福される結婚を望みます。ありのままの自分で勝負するよりも、相手の好きなタイプに近づいていこうと努力をするでしょう。ただ、素の自分をちゃんと見せるようにしないと、恋に疲れてしまいます。恋を長続きさせるには、その点は注意が必要です。

仕事

真面目で、誰に対しても何に対しても真摯に向き合うことができるあなたは、与えられた仕事を責任をもってこなす人です。誠実なので、周囲からの信頼は厚いでしょう。判断力に優れ、平和主義者なので、人をサポートする仕事に向いています。

また、美的センスが優れているので、芸術的な仕事につくと能力を発揮できるでしょう。人づきあいも上手なタイプで、人と一緒にやる仕事、たくさんの人と会う仕事にも適性があります。人と人とを結びつける仕事などは、天職といってもいいかもしれません。

適職は、マネジメント業、秘書、保母などです。

相性がいい星座×血液型

おひつじ座×A型の男性
一見、恋のベクトルがかみ合わないように見える二人。でも、心の底で安定を求めているあなたにとって、堅実な彼は意外にツボ。1度その魅力を知ったらトリコになっていきそう。彼へのアプローチは、まずは彼のリクエストや希望にできるだけ応え、信頼関係を育てることが大事です。

みずがめ座×B型の男性
彼とは何かと意見が食い違うものの、だんだん新鮮な発想力に惹かれていくあなた。彼と話をしていると、楽しくて時間が経つのを忘れるでしょう。彼へのアプローチは、彼の興味があることに、あなたも興味を持つことがポイント。「それ何? 教えて!」と身を乗り出して言うといいでしょう。

しし座×O型の男性
恋上手なてんびん座なのに、受け身な傾向が強いあなたを、男らしくリードしてくれるのはパワフルな彼。彼の大ざっぱな面を細やかにあなたがフォローすれば、ナイスカップルに。彼へのアプローチは、彼が面倒くさくてやりたがらないことを、あなたが代わりにやってあげるのが◎。

いて座×AB型の男性
センス抜群の彼とは、音楽、映画、デートなど、カルチャー方面の感性がマッチしそう。一緒にいると、意気投合することが多いはず。彼へのアプローチは、グループでのレジャーに誘うのが◎。お互いに、友達がたくさんいるので、交友関係も広がり楽しい交際ができる予感に包まれていきます。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ミントグリーン
・レッド
・ピンク

ラッキーアイテム
・キャンディー
・かわいいティッシュケース
・J-POPのCD

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ