女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【てんびん座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「てんびん座・B型のあなた」編です。

基本性格

てんびん座のバランス感覚と、型にハマらないB型気質がコラボして生まれたマルチ人間。多芸多才にして多趣味。使える切り札をいくつも持っていそう。顔も広く、バラエティー豊かな人脈を持っています。

ズバ抜けた社交性の持ち主で、初対面であっても相手に飾らない自分をさらけ出すことができますし、相手にも心を開かせることができるはず。新しい環境にもすぐなじみ、同性、異性ともに分け隔てなく接するので、非常に人気が高いでしょう。

コンプレックス

八方美人だと誤解されてしまうことを、コンプレックスに思っているでしょう。あなたはかなりの平和主義です。それ自体は悪いことではないのですが、他人の激しい感情を嫌うおっとりしたところがあるので、つい物事をなあなあにしてやり過ごしてしまいます。

ケンカは避けられますが、それでは何も解決しないでしょう。物事を先延ばしにしているだけで、何も決まることはないからです。物事を解決するには、多少のいざこざも必要なのだという発想を持つことが大切です。

恋愛傾向

自由でありながら、穏やかで平和的な雰囲気を持つあなた。異性からとてもモテるタイプです。恋愛経験をたくさん積む傾向がありますが、べたべたした関係や、不倫や略奪愛などはしません。また、世間一般でいう結婚適齢期、結婚式などにも無関心で、あくまでもマイペース。

そんな自由気ままなところが、多くの男性を惹きつけるのでしょう。手に入りそうで入らない、自由にできそうで一筋縄ではいかない。そんなあなたに振り回されることに、喜びを感じる尽くし型のタイプの男性には、アプローチを受けることが多いはず。

ただ、もし結婚するとしたら、相手には求めるものが多いかも。容姿はもちろん、金銭面や相手の趣味にもとことんこだわります。理想が高すぎて、なかなか結婚できないと悩む可能性大です。

仕事

頭の回転が速く、洞察力、判断力に優れているあなたは、テキパキ仕事をこなしていくでしょう。他の人が迷うようなことでも、臨機応変にスピーディに対応できます。そんなあなたは、人や環境の変化に対する適応能力も高く、周りからの信頼も厚いでしょう。

一人で行える仕事のほうが向いていますが、集団の和を乱すことがないので、人と一緒にする仕事も向いています。組織に執着がないので、転職を繰り返すかもしれません。その気になれば、出世できる能力を持っていますが、あまり高い地位になると自由がなくなるので、ずっと平社員でいることを好むでしょう。

適職は、ツアーコンダクター、小売業、ネットショップの運営などです。

相性がいい星座×血液型

ふたご座×A型の男性
小市民の代表のような彼と、ラグジュアリー志向が強いあなた。お互いに、相手とは住む世界が違うと最初は思いますが、その違いを乗り越えられる相性の良さがあります。彼へのアプローチは、あえて冷たくしたり、わがままを言ったりして困らせてみるといいでしょう。

いて座×B型の男性
情熱的な彼は、あなたの中に潜む愛されたい願望を満たしてくれる相手。彼のリードで、激しい恋のラリーが展開しそう。彼へのアプローチは、自分からはアクションを起こさず、彼から誘わせるように仕向けるようにして。そうすれば、あなたは優位に立てるでしょう。また、スキンシップも効果的です。

しし座×O型の男性
見栄っ張りの彼にとって、美的オーラが輝くあなたは、自慢の恋人になります。しかも、あなたが他の男性からチヤホヤされるほど、彼の闘争心に火がつき、ますます激しく愛してくれるでしょう。彼へのアプローチは、メイクやファッションの手を抜かず、いつもキレイでいることが大事です。

みずがめ座×AB型の男性
センスがよくて感性豊かなあなたと、知的で洗練された彼は、趣味や話題も一致しやすく、一緒にいると時が経つのも忘れてしまいそう。社交家の二人は、周囲の祝福を受けるほど愛が深まる傾向あり。彼へのアプローチは、できるだけ早く親に紹介するなど、関係をオープンにするのが◎。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・バイオレット
・ホワイト
・シルバー

ラッキーアイテム
・ボールペン
・スカーフ
・ピンキーリング

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ