いつも一緒じゃオナラもできない~!?マンネリ化しないワザあり同棲テクとは?

「結婚前の準備」として同棲するカップルは少なくありません。同棲前後はドキドキとワクワクに包まれ、ラブラブ新婚ライフのような時が流れるものの、しばらくすると馴れ合いになり、彼の前で女を捨てた行動に及ぶ……

こんなことしていたら彼があなたに女性としての魅力を感じなくなり、なあなあの関係になってしまいます。それではあえて結婚に繋げようという気持ちが彼におきません。そこで今回は、彼にいつまでも魅力的だと感じてもらえる同棲テクをご紹介します。

同棲する物件の「間取り」に注目。

ポイントは同棲を始める前に「間取り」に気を使って物件を選ぶこと。「個室」を各自が持つことがポイントです。1LDKや1DKなど、ふたりの個室がない物件に住む人が多いようですが、これが命取りになることも少なくありません。

「個室がないと、いろいろ難しいと思います。特にひとり暮らしに慣れていると……。いつも同じ空間にいると、まったく油断できないじゃないですか。オナラもできないですよ。たとえ駅から多少離れていても、2LDK以上の部屋を借りて、それぞれ個室を持つのがおすすめです」(29歳/IT)

確かにオナラ問題は深刻……。我慢していると、肝心なときにプッと出てしまうリスクも。個室でできることは、個室で処理したいものです。

「うちは寝室を別にしています。平日はお互い仕事で帰るのが遅く、美容に力を入れる暇もないので、一緒に寝るのもちょっと……。ただ、週末はどちらかの部屋で一緒に寝ています。その方が夜も新鮮な気持ちで楽しめますよ」(27歳/メーカー)

平日に彼と一緒に眠るとなると、ムダ毛処理はマスト……。でも、仕事で力尽きてそれが難しいなら、平日は別々に眠る方が安全。オンナとして“完全武装”できる週末だけ、くっついて過ごすのが安心です。

「お母さん」にならないこと!

次は生活に関する問題。同棲の最初に彼を甘やかさない関係を構築しておきたいもの。「家事はどちらがやる」「いつも気を抜かずばっちりメイク、それともすっぴん?」いろいろと気になるところですが、一番大事なのは彼の「お母さん」にならないように気を付けること。

「家事を分担するのがおすすめです。うちでは私は料理や洗濯、水回りの掃除、彼は部屋の掃除、ゴミ出しみたいな形で分けています。最初から全部やってあげると、甘えられるだけの、あまりよくない同棲になると思います」(30歳/営業)

「共有空間ではだらしなく過ごさないことですかね。起きたらパジャマから普段着に着替えて行動するとか、休みの日でも薄くメイクしておくとか、あたりまえのことですが、同棲すると意外と油断してだらける人が多いみたいですけどね」(32歳/コンサル)

起きてずっとパジャマのままだったり、常にすっぴんのままでいたりすると、彼を異性として見ていないようなもの。いつまでも彼を惹き付けておきたいなら、彼の前ではキレイをキープしておきましょう。そうすれば、いつまでも彼のお母さんにはなることなく、女性として見られることにつながります。

「お母さん」になるべきタイミングとは?

いつまでも女性として大切にされたいなら、メリハリをつけて生活することが大切。

「え?お母さんみたいな彼女、安らげていいじゃん。どこがいけないの?」

と思ったあなた。あなたが「お母さん」になるべきタイミングは彼との同棲スタート時ではありません。同棲生活を終えて結婚式を挙げ、結婚生活に入った後で充分です。その時には彼との子供たちの本当のお母さんになっているかも知れません。

それまでに彼とマンネリしてしまうと、「エアおかん」のまま同棲解消につながってしまうことも。同棲は決してゴールではありません。ぜひ多少の緊張感を維持して同棲生活を送ってください!