女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【てんびん座・O型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「てんびん座・O型のあなた」編です。

基本性格

リーダー適性の高いO型ながら、てんびん座の性質が入っているため、ニュートラルなポジションを好むほう。常に1歩下がった立場から物事を見て、バランスのとれた関係を保つのが得意なはず。

かなりの平和主義で、人と人がいがみ合うことを嫌い、自分がまきこまれていても、そうでなくても同じように悲しむ、心の優しい女性です。周りでケンカをしている人がいたら、どちらかだけの味方をするのではなく、必ず両方の言い分を聞き、お互いが納得できるような形で仲裁をするでしょう。

コンプレックス

意外とドジでぬけているところがあります。忘れ物や落し物、数字や漢字の間違いなどが多いでしょう。そうしたところを気にして、コンプレックスに思っていますが、周囲はかえって親しみやすい人だと好感を持たれたりするのです。

けれど、あなた自身は夜も眠れないほど悩んでしまったりもするのでしょう。ひとりで何もかも抱え込まずに、人を頼りましょう。書類のチェックは誰かと一緒にするなどして、ミスを減らせば自信につながっていくはずです。

恋愛傾向

自分の意見をしっかり持っているため、恋愛においても周囲やその場の空気に流されることなく、自分の感情をしっかりと把握し、行動することができます。なんとなくといった感じで、つきあうことはないでしょう。

男性に対して、しっかりと自己主張ができるので、恋愛においては積極的に行動し、相手にも自分から告白する勇気を持ち合わせています。好きな人には堂々と、「好き」と言うでしょう。

優雅さと穏やかさ、女性らしいオーラがあるあなたは、恋愛に困ることはないほどモテるタイプです。言い寄ってくる男性が多いので、恋愛のチャンスは多いでしょう。

ただ、必ずしも意中の男性が言い寄ってくるとは限らないので、他の男性をあしらっているうちに、意中の男性とのチャンスを逃すこともなきしもあらず。誰にでも愛想よく接するのではなく、好きな男性とそれ意外の男性との前では、態度を変えたほうがいいでしょう。

仕事

美的センスが抜群なので、それを活かせる仕事につけば、大活躍できるでしょう。手先も器用なので、それも活かせば武器になります。また、人のサポートをするのも得意ですし、人に何かを教える仕事も向いています。

黙々と作業をするような仕事よりは、人と接する機会の多い仕事のほうがイキイキと働けるでしょう。ただ、出世にはあまり興味がなく、好きなことができるなら、地位も名誉もお金もそれほどいらないと思うタイプです。才能がありますが、とても無欲でしょう。

適職は、デザイナー、講師業、スタイリストなどです。

相性がいい星座×血液型

いて座×A型の男性
遊び心がありながら堅実な彼。地に足がついているので、着実な未来が欲しいなら、うってつけの相手です。彼へのアプローチは、旅行の話をするのが◎。これから訪れてみたい場所、体験したいことなどを彼に熱く語ってみて。きっと、「一緒に行こう!」という展開になるはず。

ふたご座×B型の男性
まるでゲームのような華麗な駆け引きで、あなたをワクワクさせてくれる彼。その恋の手腕に、あなたはメロメロになってしまうでしょう。彼へのアプローチは、彼の夢や目標実現のサポーターを買って出るのが◎。彼に何かと協力してあげることで、急接近できるはずです。

みずがめ座×O型の男性
テンションがピッタリ合う彼に、あなたはグイグイ惹かれていくでしょう。一緒に何かをやれば、ますます相性の良さを感じられるはず。彼へのアプローチは、一緒に幹事役をやって、飲み会などを開くといいでしょう。そうすれば、お互いの良さを改めて感じられるようになります。

しし座×AB型の男性
まったく正反対の性格ながら、なぜか気になって仕方のない相性。彼の考えを知れば知るほど、あなたは自分にはない魅力を感じて離れられなくなるでしょう。彼へのアプローチは、あなたの愛読書をプレゼントするのが◎。読後感を話し合えば、きっと盛り上がれるでしょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ブラック
・スノーホワイト
・イエロー

ラッキーアイテム
・十字架のネックレス
・パワーストーンのターコイズ
・目薬

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ

関連キーワード

KEYWORDS