女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【てんびん座・AB型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「てんびん座・AB型のあなた」編です。

基本性格

てんびん座らしい生粋の平和主義者。本質的に争い事や下世話な足の引っ張り合いを嫌い、誰とでもフラットな関係を持とうとします。加えてAB型らしいスマートな対応ができるため、ネットワーク作りは得意中の得意。

どんな時でも毅然としているので、相手に関係なく堂々と自分の意見を伝えることができます。礼儀正しく、上品な態度のため、周囲から反感を持たれることもありません。ただ、実は内面は非常にナイーブです。誰かと意見が別れて口論になったりすると、ひどく落ち込んだりするでしょう。

コンプレックス

マイペースなので、はたから見ているとやる気がないように見られることがあります。それをコンプレックスに思っているでしょう。また、協調性がありますが、実は集団でいるよりも一人でいるのを好みます。

けれど、一人でポツンといると寂しそうだと思われ、周囲から気を使われます。それを余計なお世話だと思っても、正直には言えない気の弱さも持ち合わせているのです。

恋愛傾向

気品ある女性らしい雰囲気が、男性の視線を集めます。誰に対しても平等に優しく接するので、あなたに気がある男性にしてみれば、それが面白くないと思うかもしれません。そのせいで、好きな男性とギクシャクすることもあるでしょう。

積極的に恋をつかもうとするタイプではなく、どちらかというと受け身です。それでも、言い寄ってくる男性は後をたたず、恋に困ることはありません。ただ、「俺が守ってやる!」というような強い態度で来る男性に対しては、苦手意識を持ってしまいます。

高圧的な男性に、おとなしくついていくような、自主性のない女性では決してありません。「守ってあげる」というような男性よりも、心にそっと寄り添って穏やかに愛してくれるような男性を好むよう。

こうした男性とは、深い絆で結ばれるはずです。結婚願望が強めなので、早く結婚したほうが心が安定します。恋愛よりもお見合い結婚向きです。

仕事

誰に対しても平等に対応できるコミュニケーション力があるので、人と接する仕事に向いています。頭の回転が速く、他人をよく見ているので、相手によって言葉を選ぶセンスにも長けているでしょう。

言葉に説得力があるので、周りからの信頼度は高く、年上からも年下からも頼りにされる存在になります。野心家ではないので、出世を自分から望むことはありませんが、周囲から盛り立てられて、いつの間にか偉くなっているかもしれません。お金は、自ら望まなくても入ってきます。

適職は、接客業、水商売、インストラクターなどです。

相性がいい星座×血液型

みずがめ座×A型の男性
地味で真面目な彼は、最初はさほど気にとまらないかもしれません。でも、ジワジワと存在感がクローズアップされていき、いつしか最も信頼できるパートナーに。彼へのアプローチは、終始あなたがリードするのが◎。デートの日程や場所はあなたが決めて、彼を外へ連れ出しましょう。

おひつじ座×B型の男性
サプライズ満載の相性。マイペースな彼は、高嶺の花のあなたにもひるまずアタックしてくるはず。そうかと思えば、声もかけてくれず肩透かしなんてことも。他の男性とは全然違う彼のリアクションに、あなたは熱くなるでしょう。彼へのアプローチは、一緒に食事をすると、彼のことがたくさんわかります。

ふたご座×O型の男性
彼はおおらかに見えて、実は負けず嫌い。簡単にはなびかないあなたに対して、絶対に落として見せると燃えるでしょう。彼の強引なやり方に、不思議とあなたはワクワクしてしまうはず。彼へのアプローチは、何もせずに彼の言う通りにするのが◎。彼と会うときはフェミニンなファッションを心がけて。

しし座×AB型の男性
ギブ&テイクのフェアなパートナーシップを築ける彼とあなた。進歩的な二人にふさわしく、互いの個性やライフスタイルを尊重した恋が楽しめるでしょう。彼へのアプローチは、「何かしてほしいことない?」とハッキリ聞くのが◎。きっと遠慮なく、彼はあなたへのお願いを口にするでしょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ゴールド
・ダークブラウン
・グレイ

ラッキーアイテム
・りんご酢
・シルバーのブレスレッド
・ストラップ

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ