女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【さそり座・A型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「さそり座・A型のあなた」編です。

基本性格

独自の世界や趣味を持ち、孤独を愛するさそり座と、おとなしい性格のA型気質を持つあなた。目立たず口数も少なく、周囲との距離を置こうとするのは、虚飾や見せかけの交流を嫌うせい。誰にでも誠実に正直に接します。

そのため、周りに嫌な感情を抱かせることもなく、結果として「この人のそばにいると居心地がいい」と思われることが多いでしょう。また、慎重であるため、1つ1つの行動がとても丁寧です。ミスをしたときに周りに迷惑をかけてしまうことを嫌うからです。

コンプレックス

他人の気持ちに敏感なあまり、気疲れしてしまうことが多く、人間関係でのストレスをためがちです。そうしたところにコンプレックスを持っているでしょう。寂しがり屋なのに人嫌いなので、自分で自分が嫌になることがしばしば。

もっと楽に人と付き合えればいいのにと、ジレンマを抱えています。いったい自分がどうしたいのか、だんだんとわからなくなってくるようです。社交上手な人には、嫉妬すら覚えてしまうでしょう。

恋愛傾向

恋人には、深い心のつながりを何よりも求めるタイプです。ルックスや収入などはまったく気にせず、とにかく自分の孤独な心をなぐさめてくれる相手を探し求めるでしょう。ちょっとした遊びで男性とつきあうことはありません。

真面目で一途な恋愛を求め、自分も相手も本気だと確信できない限り、恋に飛び込むことはできません。そのため、出会いは多くても、恋愛に発展するチャンスは少ないでしょう。

恋愛関係がスタートしても、一途さは変わらず、相手のためにとことん尽くします。ただ、その一途さを相手にも求めてしまうため、重たいとか面倒な女だと思われてしまうこともあるでしょう。

嫉妬や束縛も強くなりがちなので、その点を自制しないと、相手を疲れさせてしまいます。そのせいで、恋が破たんすることもあるかもしれません。もう少し、恋愛を気楽に考えたほうがいいでしょう。

仕事

何事も丁寧にし、真面目にこなすあなた。コツコツと根気のいる仕事が苦ではありません。手先が器用なので、細かな作業も得意です。同じことの繰り返しも、飽きることなく、忍耐強く向き合えるので、単調な仕事でもこなせるでしょう。

飲み込みは決して早いほうではありませんが、時間をかけて技術を身に着けていけば、ステップアップしていけるタイプです。ただ、自分にも厳しいですが、他人にも厳しいので、自分ができる努力は他の人もできるはずと思いがち。部下や後輩に仕事を教えるときに、厳しくし過ぎてしまいがちなので、気を付けましょう。

適職は、事務職、製造業、伝統工芸の職人などです。

相性がいい星座×血液型

おとめ座×A型の男性
一途な愛を捧げてくれる彼に、あなたはすっかりハートをつかまれてしまいそう。神経が細やかな同士、思いやりを示し合える関係になれるはず。彼へのアプローチは、遊園地などにぎやかな場所へ一緒に行こうと誘ってみて。きっと、お互いのいろいろな顔を見ることができて、相手への関心が強くなるはず。

やぎ座×B型の男性
彼もあなたもマニアックなタイプのため、気が合います。他の人に話してもなかなか理解できない話も、彼なら楽しんで聞いてくれるはず。彼へのアプローチは、「ここだけの話にしてほしいんだけど……。」と前置きをして、内緒話をたくさんするのがオススメ。きっと絆が深まっていきます。

かに座×O型の男性
生まれながらのラブファイターの彼は、あなたの秘めた情熱を引き出してくれるベストパートナー。あなたからすれば強引過ぎるように見えるアタックや告白こそ、本気の証し。素直に受け入れるべき。彼へのアプローチは、彼の耳元で思わせぶりなセリフをつぶやいてみるのがベター。

うお座×AB型の男性
一見プレイボーイっぽくても、根が潔癖で付き合っている女性以外には手を出さない彼。浮気を恋愛の終わりと考えるあなたにとって、究極の恋人候補と言えます。彼へのアプローチは、意味深な視線をずっと送り続けてみて。きっと彼は、あなたの気持ちに気づいてくれます。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・サーモンピンク
・ブラック
・シルバー

ラッキーアイテム
・ローズのアロマオイル
・写真立て
・ペーパーナイフ

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ