女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【さそり座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「さそり座・B型のあなた」編です。

基本性格

思い込みの激しさやマニアックな志向は、さそり座とB型に共通した因子。オタクな趣味、変わった性癖などを、ひた隠しにしているケースも少なくないかも。上辺だけの付き合いはできないタチで、心から理解し合える相手が一人いれば十分と考えるタイプです。

また、何事もあきらめず、自分の掲げた目標に対して努力をし続けます。途中で投げ出したりは絶対にしません。あなたのひたむきな姿には、誰もが惹きつけられるのです。しかも、しっかりと芯を持っているので、生き方に信念があり、周囲から尊敬されているでしょう。

コンプレックス

誰にでもフランクに接していながらも、自分の本心を見せるのは、信頼できるごく一部の人に限っています。そのため、大勢の人の中にいながらも、どこか孤独感を抱えているでしょう。そうしたところに、コンプレックスを持っています。

それでいいと割り切っているつもりなのですが、社交的で友達が大勢いる人を見るとうらやましいと思ってしまいます。そんなとき、自分で自分のことがよくわからないと、戸惑ったりするでしょう。

恋愛傾向

恋愛ではとても一途です。1度好きな人ができると、叶わぬ恋であっても、その相手に固執するタイプ。たとえ相手に恋人がいても、既婚者であっても、想い続けてしまいます。略奪愛や不倫の恋がどうしても多くなるでしょう。

一途さが恋愛を成就させることもありますが、トラブルを招くこともあります。交際に発展しても一途さは変わりませんが、パートナーを束縛したりすることも多いでしょう。自分と同じように一途で強い愛情を捧げてほしいと、相手に望むからです。

また、相手の男性を自分の思い通りにしたいという気持ちも強いでしょう。あまりにも強く束縛したり、我を押しつけてばかりいると、相手の気持ちが離れていってしまうことがあるので、気を付ける必要があります。恋愛にのめり込み過ぎず、少し気楽にかまえていたほうがいいかもしれません。

仕事

明るくて話し好きな面があるあなたですが、人見知りをするタイプで、見ず知らずの人と接することは苦手なよう。接客業など、不特定多数の人と接する仕事につくと、ストレスがたまりやすくなります。

ですから、いつも決まったメンバーで、それもできるだけ少ない人数の人たちとともに働くスタイルが合っているでしょう。ただ、興味の持てることであれば、とことん突き詰めて研究する力が強いので、かなりのスキルと知識を身に着けることができます。大きな実績も残せるでしょう。

適職は、研究者、医師、歯科技工士などです。

相性がいい星座×血液型

かに座×A型の男性
浮き沈みの激しいあなたの人生を、安定へ導いてくれるのが堅実派の彼。真面目な彼のそばにいると、何も話さなくても落ち着くと思えるでしょう。彼へのアプローチは、あなたの人生設計を、彼の前で真剣に語ってみて。きっと彼の描いているプランと一致して、意気投合できるはずです。

うお座×B型の男性
奔放だけど愛情深い彼は、盲目的に恋にのめり込みがちなあなたにとって、恋の喜びを与えてくれる相手。一緒にいると、心の隙間をすべて埋めてくれるでしょう。彼へのアプローチは、先を急がずゆっくりと。深い関係になるのは、ちゃんと付き合ってからにしましょう。

おとめ座×O型の男性
エネルギッシュでバイタリティあふれる彼は、あなたの激烈なラブエナジーを全身で受け止めてくれる相手。強く求めるほど深く愛され、心身ともに満ち足りた幸福を味わえそう。彼へのアプローチは、本能と情熱のまま、大胆にせまって正解。お色気作戦や露出度の高い服も、彼の本気に火をつける武器に。

やぎ座×AB型の男性
一途にただ一人の相手を愛しぬくあなたの目には、誠実な彼は安心できる相手。誰にでも優しい彼に不安を覚えることもありますが、つきあえばうまくいくこと間違いなし。彼へのアプローチは、オリエンタルな香水をいつもつけること。セクシーな香りが、彼の官能に火をつけます。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・イエロー
・ペールグリーン
・ビビアンレッド

ラッキーアイテム
・ゆるキャラのぬいぐるみ
・香水
・マジックペン

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ

関連キーワード

KEYWORDS