女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【さそり座・O型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「さそり座・O型のあなた」編です。

基本性格

秘密主義のさそり座の性質と、オープンなO型の血がせめぎ合う、複雑な生まれのあなた。自己矛盾やジレンマに悩むことが多そうです。ただ、周囲からは口の堅さと大物感で信頼されています。特に、ピンチの時に頼れる存在として周りからは重宝がられているでしょう。

一方で、プライドが高いので、悩みや秘密を絶対に人には打ち明けない側面も。人当たりはいいので、誰とでもすぐに打ち解けるのですが、どこか一線を引いて付き合っているようです。冷静でクールなところもあります。

コンプレックス

プライドが高いので、決して弱音や悩みを周りに打ち明けたりしません。自分でひたすら正しいと思った道を歩む頑固な側面も。自分の性格が、わずらわしくなることがあります。そんなところを、コンプレックスに思っているでしょう。

人に何でもオープンに話せるようになれば、もっと楽に生きられるような気はしています。でも、そんなことをしたら、人から軽い人間だと思われそうで、怖いのです。実は臆病ものだったりします。

恋愛傾向

ギャップの多さと、つかみきれないところが、男性の注目を集めます。モテる人が多く、恋愛経験が豊富に見られるのですが、恋愛に関しては、意外と奥手なタイプです。恋多き女のように見えて、実は一途に一人の人を想い続けているでしょう。

たとえ他の男性から誘われたとしても、好きな相手以外目には入りません。その相手をこえる男性があらわれない限りは、ずっと片想いをしています。かなり不器用な女性です。自分からアプローチをするよりも、男性からのアプローチを待つタイプなので、なかなか片想いが実るのには時間がかかるかもしれません。

交際に発展しても、その一途さは変わりません。浮気なんて絶対にしないタイプです。ただ、あなたのギャップや多面性が交際相手を惹きつけ、マンネリになるのを防ぐので、いつまでたっても新鮮味のある交際が続けられるでしょう。それが、あなたの強みです。

仕事

柔和な女性らしさと大胆さを持ち合わせているあなたは、コミュニケーション能力を活かす仕事が向いています。大勢の人の前で話をしたり、華やかで目立ち表舞台でスポットライトを浴びるような仕事をすれば、大活躍できるでしょう。

ただ、仕事が忙しくなると、ついついイライラして周囲にあたったりしがちなので、その点だけは気を付けましょう。何事も落ち着いて対処することが必要です。また、地道にコツコツやる仕事はあまり向いていません。やはり裏方ではなく、大きなステージで活躍する人なのです。

適職は、アナウンサー、講師業、企画営業などです。

相性がいい星座×血液型

やぎ座×A型の男性
あなたが落ち込んだり、悩んだりしているとき、彼の優しさに癒されるでしょう。彼の言葉のひとつひとつがあなたの傷ついた心にしみわたるはず。彼へのアプローチは、とにかくあなたの本音をぶちまけてみること。悩みや苦しみも一切隠す必要はありません。遠慮なく甘えてみて。

かに座×B型の男性
何が飛び出すかわからない、ちょっとミステリアスな彼の魅力に、あなたはハラハラドキドキしっぱなし。一見に手に負えない存在に思えても、実は性格的に補い合えるものが多く、相性は上々。彼へのアプローチは、ロマンティックな場所へ誘ってデートをしてみて。きっといいムードになれること間違いなし。

うお座×O型の男性
ラブエナジーがあふれる者同士、一気に熱愛モードに突入しそう。ヘタな演出など不要。止められない熱い想いをぶつけるだけで、感動のクライマックスへ。彼へのアプローチは、個室のある居酒屋でじっくり話をしてみて。きっと、酔うほどにいいムードになっていくはずです。

おとめ座×AB型の男性
クールでドライな彼ですが、ホットな愛情を注ぐあなたに影響されて、恋に情熱を注ぐようになりそう。彼は、自分を変えてくれたあなたに無我夢中になるでしょう。彼へのアプローチは、セクシー系のメイクでせまって。リップグロスでくちびるに艶を出せば、彼はあなたにキスしたくなるはず。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・スカイブルー
・バイオレット
・ブラック

ラッキーアイテム
・七味唐辛子
・プライベート用名刺
・ガム

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ