女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【さそり座・AB型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「さそり座・AB型のあなた」編です。

基本性格

穏やかで物静かな印象のさそり座ながら、AB型の気質があるため、好き嫌いが激しいタイプ。興味のないことには見向きもせず、苦手人物との接触もハナからスルーしがち。半面、関心を持った相手や物事は、極めつくさずにはおかない性分。

また、率先して人のために行動できるタイプです。損をすることも多いですが、周りの人に助けられることが多く、信頼度は高いでしょう。自分が得するためだけでなく、周りの人がどうすれば喜ぶか、楽になるかを考える人なので、リーダーに抜擢されることもよくあるはずです。

コンプレックス

見た目は女性らしく柔和な雰囲気ですが、内面はサバサバしていて男勝りです。そのため、おとなしく周りに合わせることができず、ストレスをためがちでしょう。

八方美人だと思われるのが嫌で、ついトゲトゲしたものの言い方をしたりして、人と口論になったり、反感を買ったりすることもしばしばです。そんなとき、自分はなんて不器用なんだと、自己嫌悪に陥り、コンプレックスを持つことがあるでしょう。

恋愛傾向

恋愛になると、あまり大胆で思い切ったことはできません。好きな相手ができても、その人と穏やかな関係でいたいので、いきなり告白したり、あからさまなアプローチをしたりしないでしょう。

とにかく平和が第1なので、まずは大勢で一緒に遊んだりして、友達になります。それ自体は悪いことではないのですが、いつまでたっても友達の域を出ず、つらい片想いに悩むことになるでしょう。

ただし、男性から強くアプローチをされたとしたら別です。その相手がそれほど好きではなくても、相手が自分を好いてくれたことがうれしくて、つきあってしまうでしょう。そんな気持ちで交際をするので、なかなか相手に心を開くことができません。

それでは、せっかく恋人ができても楽しくないので、本当の気持ちをあらわすことが必要でしょう。好きな人に対する素直さが、恋愛を長続きさせるポイントです。

仕事

人当たりがよく、平和主義なので、人をサポートする仕事が向いています。特に、お年寄り、あるいは小さな子供相手の仕事などは合っているでしょう。弱者の味方でありたいという気持ちが強い、優しい人だからです。

コミュニケーション能力が高いので、職場の人たちとの関係は円満にいくはずです。上司からの信頼も厚く、活躍を期待されるでしょう。チームの中では、リーダー的な存在になると、うまくチームがまとまります。

適職は、保育士、介護福祉士、看護師、経営コンサルタントなどです。

相性がいい星座×血液型

うお座×A型の男性
物静かな印象とは裏腹に、内に激しさを秘めたあなたにとって、彼は精神的支柱。自己矛盾や葛藤に悩んでいても、話を聞いてもらえば不思議と落ち着き、癒されるはず。彼へのアプローチは、誰にも言えない打ち明け話や相談事を持ちかけ、二人の世界に引き込んで。特に隠れ家風のバーは、愛を育むのに好都合。

やぎ座×B型の男性
好奇心旺盛な彼は、どこかマニアックな探求心やミステリアスな雰囲気に興味を持ち、熱心に追いかけてきそう。そんな彼にほだされて、あなたもいつしか夢中に。彼へのアプローチは、彼が知らないような新鮮話題をいつも仕入れては教えてあげるようにして。そうすれば、彼はずっと追いかけ続けてくれるでしょう。

かに座×O型の男性
単純明快な彼の清々しさに、思考回路がやや複雑なあなたがどんどん惹かれていくでしょう。彼はあなたに明るさを与えてくれるので、関わることであなたは人生の楽しさをもっと知ることができるはず。彼へのアプローチは、笑顔が大事。彼が話しているときには、ニコニコして聞いているのが◎。

やぎ座×AB型の男性
矛盾や二面性などの共通項を持つ二人は、あ・うんの呼吸で通じ合えます。誤解やトラブルも起こりにくく、スマートにつき合えそう。彼へのアプローチは、思っていることを素直に言って、飾らないあなたを見せることが大事。ファッションもナチュラルなほど好まれるでしょう。

あなたをハッピーにするカラー&アイテム

ラッキーカラー
・グレイ
・ショッキングピンク
・レモンイエロー

ッキーアイテム
・練り香水
・紅茶
・アロマキャンドル

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ

関連キーワード

KEYWORDS