女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【いて座・A型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「いて座・A型のあなた」編です。

基本性格

いて座の自由奔放さとA型の周到ぶりがリンクするあなた。仕事も恋も議論も積極的にガンガン攻め、自分のペースに周囲の人たちを巻き込めるタイプ。

相手が誰であろうと、自分が正しいと思うことはちゃんと主張することができる勇気と行動力を持ち合わせているので、堂々と意見する強さがあります。そのため時には人とぶつかってしまうこともあるかも。

ですが、非常にさっぱりした性格をしているため、過去のことや細かいことに執着していつまでもうじうじしたりすることもありません。

コンプレックス

女らしくないと言われることが時々あり、それを少しコンプレックスに思っているでしょう。あなたは、あまり細かなことを気にはしないタイプですが、好きな人ができると乙女心が出てきます。

もっとしおらしくしないと、好きな人に嫌われてしまうだろうと、人知れず悩んだりすることもあるでしょう。サバサバしていて男らしい性格はあなたの長所なのですから、気にせずそこをウリにしていったほうがいいはずです。

恋愛傾向

あなたは恋愛に対してもサバサバしています。好きな男性に対して、ヤキモチを焼いたり、束縛しようとすることがありません。自立していて、男性に対等に意見を言えるあなた。

しっかりした女性に見られるあなたに好意を寄せる男性は、バリバリのできる男性か、あなたを頼って甘えたい男性かの両極端でしょう。交際に発展すると、彼を自由にさせてあげながら、いつも明るく接していきます。相手を全面的に信頼し、疑うことをしません。

どうすれば、お互いにとって居心地のいい関係を築くことができるか、試行錯誤しながら、意見を交わしながら、見つけていこうとするでしょう。ただ、あまりにもストレートに意見を言い過ぎると、彼を傷つけてしまうので、その点だけは注意が必要です。

仕事

才能あふれるあなた。行動力と知性、判断力と分析力、仕事をこなす上で必要な能力を身に着けているあなたは、バリバリと仕事をするタイプです。決して腰かけ的に働くのを望んではおらず、男性と肩を並べ、女性だからという言い訳をせずに仕事をするでしょう。

仕事にやりがいとスキルアップを求めるタイプなので、知性と体力の両方を使う仕事が向いています。単純作業や、サポート役には向いていません。自分が中心となって、みんなを引っ張っていくリーダー的な役割でこそ、能力を発揮できるのです。ただ、仕事のストレスはたまりやすいので、息抜きをする時間をしっかり確保するべきでしょう。

適職は、弁護士、医師、金融関係などです。

相性がいい星座×血液型

おひつじ座×A型の男性
誠実で女性あしらいもソフトな彼は、あなた好みのはず。彼のようなタイプはグッド。進展には時間がかかるかもしれませんが、それは彼の押しが弱いから。彼へのアプローチは、待っていないであなたから働きかけて。一緒にここへ行こうとか、何かを教えてほしいとストレートに頼むのが◎。

しし座×B型の男性
波長の合う二人。お堅いようでも自由を愛するあなたは、彼の破天荒ぶりに動じないばかりか、翻弄されることに喜びさえ感じそう。お互いのギャップを、いい意味での刺激に変えていけるはず。彼へのアプローチは、彼の前であなたの夢や目標をイキイキと語れば、魅力的だと思ってもらえるでしょう。

てんびん座×O型の男性
お互い飾らない性格で、すぐに意気投合し、熱愛スイッチがオンに。一緒にいると楽しくて、時間が経つのを忘れられそう。彼へのアプローチは、演劇鑑賞、コンサートなどへ一緒に行こうと誘うのがオススメ。一緒に行けば、大きな感動を味わえますし、感想を言い合うことで話が盛り上がるはずです。

みずがめ座×AB型の男性
クールな彼は、直線思考に陥りやすいあなたをたしなめてくれる存在。彼のキレ味鋭い頭脳やスタイリッシュな行動に惹かれていくのは時間の問題でしょう。彼へのアプローチは、とにかく彼の言うことを素直に聞くのが◎。「すごい!」「さすが!」という言葉、できるだけたくさん伝えると好印象に。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・イタリアンレッド
・オレンジ
・迷彩色

ラッキーアイテム
・七味唐辛子
・コサージュ
・太いベルト

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ