女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【いて座・AB型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「いて座・AB型のあなた」編です。

基本性格

いて座の奔放さとAB型の合理精神が、うまく合わさっているあなた。重すぎず軽すぎず、広すぎも狭すぎもしない絶妙の人間関係を構築できるはず。サバサバして風通しがよく、お互いの自由と持ち味を尊重し合えるのも、大きなウリ。

また、とても行動的で、悩むよりもまずは行動するというところがあります。そのため、うじうじとグチを言ったりすることもなく、まずは問題を解決するために自分の力でどうにかしようとします。誰にも頼ったりせず、まずは自分を信じて自力で行動する姿は、周囲の目には頼もしく映ります。

コンプレックス

あっさりサッパリしているので、「男勝り」だと言われることがあります。それを密かにコンプレックスに思っているでしょう。外見が女性らしくないわけではないのですが、しゃべるとサバサバしているので、そう言われてしまうのでしょう。

特に恋愛の場面では損をしがちで、いい友達だとは思われますが、恋人候補として見られにくいのが寂しいところ。ただ、女性というよりは男性に近い感性のあるあなたなので、男性の気持ちは人一倍理解できます。そうしたところをむしろ、強みだと思うといいでしょう。

恋愛傾向

恋愛においては、サバサバとしていて決断が速いところがあり、つきあうのも別れるのもスピーディーなあなた。自分のペースでどんどん進めてしまうところがあるので、恋人のペースに合わせてあげることも大切です。

恋のチャンスは多く、遊び人のように見えるかもしれませんが、恋人ができると一途なタイプです。また、恋人には知性を求め、楽しい会話ができる人であることが絶対条件。外見がいくら良くても、中身に惹かれないと恋は始まりません。

交際がスタートしたら、友達のようなさっぱりしたカップルになるでしょう。ただ、自由な時間がないと息苦しさを感じてしまうので、あまり束縛してくるような男性とは合いません。自由を抑制されて、疲れてしまうでしょう。恋愛以外にも興味の対象がある男性を選び、交際をする必要があります。

仕事

合わないと思った仕事は、潔く捨ててしまいます。そのため、転職回数がかなり多くなるかもしれません。ともすると、何もかもが中途半端になってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

けれど、これは一生をかけて成し遂げたいと強く思えるような仕事に出会えれば、腰を落ち着けて取り組めるでしょう。そうした仕事に出会うまで、根気強く探し続けるのが、あなたらしいとも言えます。それが仕事で幸福をつかむカギとなります。

適職は、自由業、コンサルタント、行政書士などです。

相性がいい星座×血液型

てんびん座×A型の男性
視点や価値観にギャップが目立つ二人。ですが、互いに欠けた部分を補える、最強カップルになれる相性です。相手の気になる面を批判したりせず、認め合えるようになれば互いの器が大きくなります。彼へのアプローチは、互いの悩みをさらけ出し、何でも相談し合える仲になるといいでしょう。

おひつじ座×B型の男性
我が道を行くという考えや行動パターンが一致する二人は、ベストパートナーです。自由奔放なやり方で、他のカップルとは違った恋ができるでしょう。彼へのアプローチは、まずは友達づきあいをしてみて、自然の流れで恋人へと移行するのが◎。気取らない関係が似合う二人だからです。

みずがめ座×O型の男性
基本的なノリは似ている二人。型にはまらない彼の自由さに、あなたは居心地のよさを感じるはずです。彼へのアプローチは、彼の前であなたの愛らしさや色気をアピールするなど、艶っぽい演出が必要不可欠と言えそう。胸元のあいた服や香水を身に着けるのも効果的です。

しし座×AB型の男性
知性豊かな二人は、精神的な結びつきの強いカップルへ。すぐに恋に落ち両想いになれるでしょう。対等な議論ができて、多くの刺激や共感をシェアでき、互いを高め合えるはず。彼へのアプローチは、本の貸し借りが有効。今話題の本よりも、ちょっとマニアックな本を選んで彼に貸し、読後感を話し合ってみましょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・イエロー
・ダークブルー
・フレッシュグリーン

ラッキーアイテム
・動物のぬいぐるみ
・ターコイズのアクセサリー
・タイトスカート

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ