女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【やぎ座・A型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「やぎ座・A型のあなた」編です。

基本性格

A型の堅実さが際立つのがやぎ座生まれ。仕事や学校は無遅刻無欠勤。与えられた役割、約束事もきっちり守るなど、その筋の通った人となりに周囲の信頼も厚いはず。人間関係は少々不器用ながら、太く長く縁を育む名人。

また、自分が信じる正義というものをしっかりと持っています。曲がったことを嫌い、不正などを許さず、何事にもコツコツと真面目に取り組むその姿は、他人にもよい影響を与えるでしょう。あなたががんばっているのだからと、他の人をもやる気にさせることができるのです。

コンプレックス

頭が固く融通が利かないと人から思われがちなところに、コンプレックスを持っているでしょう。あなたの信じる正義が、必ずしも誰にでも当てはまるわけではありません。中には、あなたに対して反発してくる人もいます。

でも、どちらが悪いわけではないのです。これは人の価値観ですので、こうした違う意見を持った人に対して、自分の考えを押しつけないようにしましょう。そうしないと煙たがられます。

恋愛傾向

恋愛に対して非常に真面目です。かなりの奥手で慎重派。好きな人ができても、なかなか行動に出ることができません。また、たとえ男性から告白されても、よくよく相手のことを調べない限りは、簡単につきあうことはできないよう。

そのため、恋のチャンスを逃しがちです。加えて、男性に甘えたり、駆け引きをすることが苦手です。恋人を作るなら、友達の紹介などがいいかもしれません。自然に出会って、恋をして、恋人を作るのにはあまり向いていないようです。

ただ、1度信頼した男性には、誠実な愛情を寄せます。人間的に、自分と似た正義を持っている人や、尊敬できる人を求めます。そうした人に出会えたら、すぐに結婚を考えるでしょう。中途半端なつきあいはしないタイプです。

仕事

責任感があり、地道にコツコツと努力を続けていけるあなたは、スタートこそ、周りから出遅れていても、確実に力をつけていく人です。その力はある程度年齢を経てから評価されます。大器晩成型ですが、真面目に働いていれば必ず出世できるでしょう。

他の人があまりやりたがらない仕事も引き受け、粘り強くがんばれます。集中力もあるほうです。そんなあなたの仕事ぶりは、高く評価されるでしょう。人と組んでやる仕事よりも、一人でコツコツ仕上げられる仕事のほうが向いています。安定を好むタイプなので、大企業に就職するか、一生使える資格や技術を使って働くのが、向いているでしょう。

適職は、建築家、料理人、職人、公認会計士などです。

相性がいい星座×血液型

おうし座×A型の男性
尊敬から愛が始まることが多いあなたのお眼鏡にかなうのが、真面目な彼。どちらも慎重かつ地道なため、交際開始まではスローながら、1度結ばれた絆が簡単に壊れることはまずなさそう。時間がかかった分、互いを大切にするカップルに。彼へのアプローチは、あなたの結婚観を真剣に語るのが◎。

おとめ座×B型の男性
きっちり真面目な部分と奔放な性格の二面性を持つ彼。あなたと似ている部分では共感でき、違う部分も尊敬し合えるナイスカップルに。最初はギクシャクするかもしれませんが、時間が経つほどに、惹かれ合うように。彼へのアプローチは、焦らずに根気強く会話を重ねていきましょう。

さそり座×O型の男性
情熱を内に秘めた彼と石橋を叩いて渡るあなたとは、一見相容れないように見えますが、お互いに自分にないものがあるため強く惹かれ合います。彼へのアプローチは、つきあったら絶対に浮気をしないタイプだということを匂わせて。一途さをアピールすれば、必ず彼は興味を持ってくれます。

うお座×AB型の男性
あなたの良識ある態度が、理知的な彼のハートを直撃。優等生と先生のようなカップルになれる組み合わせです。少々面白味には欠けるものの、将来性抜群。彼へのアプローチは、敬語やマナーに気を配りつつ、ウリもしっかり伝えて、品格と存在価値をアピールしましょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・イエロー
・ダークブルー
・フレッシュグリーン

ラッキーアイテム
・ファッション雑誌
・手帳
・シャープなパンツ

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ