女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【やぎ座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「やぎ座・B型のあなた」編です。

基本性格

堅物なイメージのやぎ座とは思えないフレンドリーさ。誰に対してもフランクに接し、友好関係を広げていきます。ただ、内心ではしてやったりと舌を出しているケースも多々。また、好奇心旺盛なので、意外と子どもみたいな面もあります。

自分の得意なことは目をキラキラさせて話すでしょう。ただ、ちょっとしたことでプライドが傷つきます。特に熱中しているものなどをけなされたりすると、とたんに拗ねてしまうでしょう。強そうに見えて、精神的には意外ともろかったりします。

コンプレックス

意外とドジでつまらないミスをしがちでしょう。そんなところにコンプレックスを持っています。ミスをしたら、あっけらかんとしているようで、けっこう落ち込みます。でも、普段が真面目なので、周りの人が助けてくれる愛されキャラです。

なので、あまり気に病む必要はありません。ただ、ちょっとお調子者なところがあるので、感情がコロコロ変わります。意識して、気持ちを安定させたほうがいいかもしれません。

恋愛傾向

恋愛に対しては真面目で、軽い気持ちで男性と付き合うことはありません。好きな人ができると、突発的に行動することはせず、じっくりと相手を観察します。相手の男性を良く知り、理解をした上で距離を縮めていきます。

たいして好きではない男性となら、いくらでも気軽に話し、二人っきりで飲みに行ったりもできますが、本当に好きな人に対してはそうできないところがあるでしょう。

好きな人ができても、交際に至るまでには時間がかかります。チャンスが目の前にあるのに、つかめずに通り過ぎてしまうことも少なくありません。ただ、相手の男性を深く知ろうと努力するので、交際に至ったら、長くつきあうでしょう。

結婚まで考えてつきあうので、ゴールインできる可能性もかなり高めです。ただ、非常に現実的に結婚を考えるので、相手の経済力、親との同居の有無などは慎重に確かめるでしょう。

仕事

何事も真面目に取り組むことができるあなたは、どんな仕事でも一生懸命努力して、習得しようとします。また、上司や先輩からかわいがられる「愛されキャラ」なので、何かとまわりの人が世話をやいてくれるでしょう。

人の上に立つタイプではないので、出世はあまり望めないかもしれません。けれど、人当たりがいいので仕事に困ることはないでしょう。接客業など、人に接する仕事には適性があります。ただ、働き過ぎる傾向があるので、休むときにはしっかり休むことが大切です。

適職は、ビューティカウンセラー、産業カウンセラー、受付嬢などです。

相性がいい星座×血液型

さそり座×A型の男性
依存心が強く、群れたがる彼は、自立したあなたにとって不甲斐なく見えます。ついキツク叱りつけたくなりますが、ドMな彼にはそれが快感で、あなたに夢中に。彼の強いアプローチにあなたは情をほだされてしまうでしょう。彼へのアプローチは、悩みを聞いてあげるのが◎。

うお座×B型の男性
我が道を行く同士の二人には、遠慮も妥協も必要なし。気楽につきあえるため、お互いに相手をだんだんと必要とするようになります。彼へのアプローチは、同じ目標や趣味を持って、なるべく接点や一緒にいる時間を作りましょう。長くそばにいるうちに、愛情がわいてくるはずです。

おうし座×O型の男性
男のメンツにこだわるたくましい彼は、何でもひとりでこなす自立した女性であるあなたに自分と同じ匂いを感じ夢中になります。彼へのアプローチは、しっかりした面を見せつつも、たまに弱さを見せて甘えてみたり、彼の長所をリスペクトして見せたり、ちょっと男心をくすぐるだけでOK。

おとめ座×AB型の男性
彼はあなたの最高の理解者。個人主義の彼は、あなたの独立独歩なスタイルを尊重し、適当に放っておいてくれるはず。それでいて必要なときはスマートに手を差し伸べるという絶妙な配慮もしてくれます。彼へのアプローチは、お互いの友達を紹介し合って、オフィシャルな仲になるのが◎。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・オフホワイト
・パールシルバー
・ミントグリーン

ラッキーアイテム
・神社のお守り
・ラメ入りポーチ
・カモミールティー

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ