女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【やぎ座・O型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「やぎ座・O型のあなた」編です。

基本性格

O型のプラス特性が表に出て、人好きする印象が強いものの、意外と利己的なパーソナリティ。周囲と必要以上に接点を持つことはなく、信用できる少数の絆を大切にするタイプです。また、品が良く、落ち着いた魅力の持ち主。

どんなことがあっても騒ぎ立てたりすることなく、冷静で穏やかな心を忘れることがありません。いつでも心のどこかに余裕を持っており、他人に乱されることもないはず。マイペースだと思われることもしばしばです。ただ、根が真面目なので、人から信頼はされるでしょう。

コンプレックス

純粋で人を疑うことを知らないので、悪い人からだまされてしまう傾向があります。実際、心ない人から裏切られてつらい思いをしたこともあるでしょう。そんなところに、コンプレックスを持っています。

ただ、何度だまされても人を信じてしまうので、誰かよき相談相手を持ったほうがいいでしょう。何かを決める前に、その人に相談をして冷静な大人の意見をしっかり聞けば、だまされることはなくなるはずです。

恋愛傾向

礼儀正しく、穏やかで品があるあなたは、男性からの人気が高いです。アプローチを受けることは多いでしょう。しかし、当のあなたは自分のモテていることはわかっていても、それを鼻にかけることはないので、女性から妬まれたりすることはありません。

ただ、あまりタイプではない男性からいい寄られても、無下にはしないので、誤解をされてつきまとわれることもあるでしょう。そんなときは、ちょっとやっかいです。

男性を好きになったら、自分からアピールするのではなく、じっと待つタイプ。片想いをしている男性に、他に好きな人がいると知ったら、黙って身を引いてしまうような気弱なところがあります。

そのため、男性からはモテモテなのに、本当に好きな男性とは恋愛に発展しないかもしれません。時には、自分からアプローチしていく積極性も必要でしょう。

仕事

責任感があるので、与えられた仕事はきっちりやるタイプ。どんな仕事を任されても、完璧にこなします。そんな仕事ぶりが評価されて、あなた自身はあまり欲がないですが、若くして出世する可能性が高いでしょう。

特に、目上の人からかわいがられるタイプなので、目上の人をサポートする仕事が向いています。黙々とやる仕事よりも、人とコミュニケーションをとりながら、協力し合ってすすめていく仕事が向いているでしょう。

適職は、秘書、コンサルティング、事務職などです。

相性がいい星座×血液型

うお座×A型の男性
地味な草食系イメージのある彼と、バリバリのキャリアウーマンタイプのあなた。一見ソリが合わないように感じても、恋愛ベタなあなたにとっては実は最適。彼へのアプローチは、笑顔で挨拶したり、マメに用事を手伝ったりしてみて。地味なアプローチを続けるうち、深い仲に移行する可能性大。

おうし座×B型の男性
最初は気の合う遊び友達からスタートし、だんだんと仲を深められる二人。自由人の彼となら、真面目なあなたも自分の殻を破れるはず。彼へのアプローチは、あなたが彼に「どこか面白い場所へ連れて行って!」とリードを任せるのが◎。きっと彼は、心躍る場所へ連れて行ってくれます。

おとめ座×O型の男性
心の広い彼は、人一倍働き者なあなたの良き理解者。多忙なときは放っておいてくれる上、困っていると助言をくれるなど、彼の思いやりに救われる場面も少なくなさそう。わかり合える部分が多い二人だけに、波に乗ったらそれこそノリノリに。彼へのアプローチは、時間ができた時でいいので、マメに連絡をしてみて。

かに座×AB型の男性
どちらも大人の理性を備えたタイプなので、落ち着いた愛を育んでいけそう。思いやりのある彼は、あなたのことを思っていろいろと尽くしてくれるはず。彼へのアプローチは、何かをしてもらったら、心から「ありがとう」と言うだけでOK。彼は何の見返りも求めてはいません。ただ、あなたの愛だけが欲しいのです。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ミルキーホワイト
・ターコイズ
・ブルーグリーン

ラッキーアイテム
・エプロン
・ムーンストーンのアクセサリー
・ウッディ系の香水

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ

関連キーワード

KEYWORDS