女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【やぎ座・AB型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「やぎ座・AB型のあなた」編です。

基本性格

やぎ座、AB型ともに、やや人見知りの傾向があり、人づきあいは正直得意ではなさそう。うわべは普通に接していても、内心は早く切り上げてくれと唱えていることが多いかも。どちらかというと、単独行動を好むタイプでしょう。

ただ、非常に学習意欲が高い人で努力家なので、その点は周囲の人たちから一目置かれているはずです。いわゆる頭がよく、優等生タイプなので、働き出してからは、いろいろな資格をとってステップアップしていける人です。周囲は、わからないことはあなたに聞けばいいと思っているでしょう。

コンプレックス

コミュニケーション能力がないことを、少しコンプレックスに思っているでしょう。真面目で能力もあるのに、人づきあいが下手なために、何かと損をすることが多いかもしれません。

人と楽しくつきあえたらという憧れはあるのですが、そうしようという意欲が持てないのは、元来孤高の人だからです。そのため、少々さびしくても、人とは距離を持って接したいのです。

ただ、社会人ともなれば、嫌な相手ともつきあわなくてはならなくなる場面が出てくるので、そんなときにはストレスを感じざるを得ないでしょう。

恋愛傾向

何事も勉強して力をつけていくあなたは、自分が努力しても手に入れられないものを持っている人や、自分より頭のよい人に惹かれる傾向があります。それは、自分にないものを持っている相手を尊敬できるだけでなく、相手から学ぼうとする意識からかもしれません。

向上心がある同士なら、刺激し合い、高め合える関係になれます。ラブラブの会話よりも、難しいことを議論するほうが、あなたにとっては魅力あることなのかもしれません。

ただ、恋人同士になったら、堅い話だけでなく、時には愛を語らうことも大事です。恋愛映画を観たり、恋愛小説を読んだりして、愛の感性を磨きましょう。そうすれば、もっと恋をするのが楽しくなるはずです。

仕事

頭がよくて、向上心のあるあなたは、どんな仕事でもこなしていけます。少し無理目の仕事でも、努力をしてクリアしていくでしょう。そんな姿が周囲からは高く評価されて、若くして高い地位や高い収入を得られるようになる可能性大です。

単調で同じことを繰り返すような仕事や、頭を使わない仕事は向いていません。できれば、一生ものの資格や技術を身に着けると、何があっても安心です。たとえ、今の職場が嫌になっても、いくらでも他へ移ることができるからです。腕一本で稼げるようになれば、自分への自信も生まれるでしょう。

適職は、医師、弁護士、税理士、社会保険労務士、司法書士などです。

相性がいい星座×血液型

さそり座×A型の男性
男性や恋に苦手意識を抱いているあなたなのに、実直な彼にだけは心を開けるから不思議。彼も礼儀正しいあなたに好感を抱くはず。彼へのアプローチは、一緒に仕事や作業をするのがベスト。そうしているうちに愛が深まっていくでしょう。どちらも慎重な性格ゆえに時間はかかるものの、その分固い絆で結ばれるはず。

おうし座×B型の男性
正反対の様子を備えた二人は、反発し合いながらも次第に惹かれていく相性。最初はお互いに敬遠していても、ひとたび接点が生まれれば、一転して強く惹かれ合う仲へ。彼へのアプローチは、まずは心を割ってじっくりと語らってみて。ある程度親しくなったら、クールに焦らすのも◎。

うお座×O型の男性
できる女のイメージが強いあなたに、強く惹かれて頼るようになる彼。あなたは彼を少し頼りないと思うかもしれませんが、だんだんとかわいいと思えてくるから不思議。彼へのアプローチは、一緒にお酒を飲みに行き、彼のグチを聞いてあげましょう。きっと彼はうっぷんがたまっているはず。

おとめ座×AB型の男性
彼とあなたは好相性。趣味や仕事の話題から意気投合し、親しくなるのに時間はかからないはず。ただ、二人とも煮え切らないタチ。交際や結婚にこぎつけるには、何か強いきっかけがないと難しそう。彼へのアプローチは、わざと他の異性の影をちらつかせて、彼の心に火をつけましょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ゴールド
・オレンジ
・ブラック

ラッキーアイテム
・猫の描かれている小物
・フローラル系の香水
・筆ペン

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ