女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【みずがめ座・A型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「みずがめ座・A型のあなた」編です。

基本性格

個性的で変わり者とよくいわれるみずがめ座ですが、A型のあなたは協調的。平板になりやすいグループや集団生活を、持ち前の博識&発想の妙で活性化するのが主な役どころといえます。また、感受性が強く天才肌で、好きなことをとことん突き詰める完璧主義者です。

その反面、興味のないことへは極端にあっさりしていて、周りからは自分勝手と思われてしまうことも。ですが、みんなのためになることなら、A型特有の協調性を見せ、受け入れることが多いでしょう。

コンプレックス

クールなタイプなので、第一印象で損をしがちなあなた。とっつきにくそうと思われて、なかなか人から気さくに話しかけてもらえないと悩んでしまいがちです。そんなところをコンプレックスに思っているでしょう。

深く話をすれば、あなたの協調的なところをわかってもらえるはずです。けれど、何となく話しかけづらいと思われて、孤立しがちでしょう。笑顔を見せるなどして、気さくな印象を与えるようにしてみるといいかもしれません。

恋愛傾向

恋愛に対して、とても冷静です。好きな相手のことを、どこまでも客観的に見て考えてしまうので、恋愛に没頭できません。そのため、恋人からも、「本当に自分を好きなのかわからない」と思われてしまいます。

ただ、恋愛に舞い上がることはないあなたですが、結婚願望は非常に強いです。結婚相手には誠実さを求めます。それは、あなた自身がウソをつかない誠実な人だからでしょう。意外に積極的なあなたは、この人と結婚したいと思ったら、逆プロポーズなどもできてしまいます。

相手の男性は、クールなあなたからの情熱的なプロポーズに驚き、そのギャップに惚れ直すかもしれません。スピード婚も十分にあり得ます。結婚後は、仕事と家事をうまく両立させて、どちらも楽しむでしょう。器用な人なので、それが難なくできるはずです。

仕事

周りの意見に流されることなく、常に中立的に物を見て判断できるあなたは、その冷静さをいかせる仕事が向いています。特に、人を指導する役割は天職だと言えるでしょう。

あなたは、相手の悪いところを遠慮なくビシビシと指摘しますが、それがみな正しいので、言われたほうは納得します。そして、あなたについていこうという気になるのです。向上心が強く、常にスキルアップを目指す人です。

また、結婚しても仕事を続けたいと思っている、キャリアウーマンタイプでしょう。一生続けられる仕事がしたいなら、何か資格をとったほうがいいかもしれません。

適職は、教師、カウンセラー、フードコーディネーターなどです。

相性がいい星座×血液型

ふたご座×A型の男性
一見とっつきにくく感じられる彼ですが、つきあうほどに味わいが増すから不思議。あなたにとって彼は、真面目なところが共通しているので、時間をかけてよい関係を築いていきましょう。彼へのアプローチは、彼が喜びそうな本やCDなど、物の貸し借りをするのがベストです。

てんびん座×B型の男性
友情を大切にする同士、生きるスタンスが似ている彼とあなた。お互いの友達を紹介し合えば、人脈が広がって楽しくつきあえるでしょう。彼へのアプローチは、まずはグループデートから。大勢の人の中で、あなたがスマートな振る舞いをすれば、彼の心をつかめるはずです。

おひつじ座×O型の男性
パッションに満ち溢れた彼は、どこか恋にのめり込めないあなたに、女の喜びや幸せを教えてくれる相手です。彼にアプローチされたら、即受けるのが正解。その熱意にウソはないはず。つきあうほどに信頼が増していくはず。あなたからアプローチするなら、人生相談をするのが◎。

いて座×AB型の男性
彼の物知りでスタイリッシュな魅力に惹かれるのが、恋の始まり。最初は友情モードながら、時間が経つにつれて愛情スイッチがオンになり、気づいたら距離が縮んでいたりも。互いに醒めたところがあるだけに、ドラマティックな盛り上がりはないものの、息の長さはダントツ。彼へのアプローチは、メールのやりとりをひんぱんに。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・グリーン
・グレイ
・ネイビーブルー

ラッキーアイテム
・カットバン
・日記帳
・フルーツ系の香水

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ

関連キーワード

KEYWORDS