女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【みずがめ座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「みずがめ座・B型のあなた」編です。

基本性格

良くも悪くも破天荒。常識にとらわれない卓抜した長所を持つ半面、お仕着せや馴れ合いに条件反射的に異を唱え、調和を崩そうとするアマノジャクな一面が。そのため、保守的な人からは敬遠されるのが常です。

また、一人の時間を大切にする人です。どんな場所へも一人で行けますし、むしろ一人のほうが気楽だと感じるでしょう。自分のペースや時間というものを大事にする、あっさり、さっぱりした性格なのです。

ただ、人と関わるのが苦手なわけではありません。一人を愛する性格ではありますが、孤立することなく周りの人に常に愛されているでしょう。

コンプレックス

一人の時間がないとストレスがたまってしまうあなた。ずっとべったりと誰かと一緒にいるのを好みません。大勢の飲み会などに行っても、一次会で帰り、帰り道に一人でふらりとバーへ立ち寄ったりするでしょう。

一人でグラスを傾けながら、こんな風ではいけないのではと、孤独好きな自分に少しだけコンプレックスを持ったりもします。でも、人と一緒に行動ができないわけではないので、それほど思いつめることはないでしょう。

恋愛傾向

あっさりとした性格なので、束縛をしたりして相手をがんじがらめにするような恋愛は好きではありません。恋人にも友達のように気さくに接することができます。恋人がいても、友達など他の人との関わりも大切にしたいと思っているでしょう。

また、何でも一人でこなしてしまうあなたは、他の女性とは違う雰囲気を醸し出し、その個性が男性からとてもモテています。日常生活では、集団行動をあまり好みませんが、恋愛においては、お互いの友達を交え、大勢で楽しく過ごせる関係を求めます。自宅でパーティをするのなどを好むかもしれません。

好きな人に対してはとても優しく、一途に愛情を注ぐタイプ。好みの男性は、自分と同じように個性的で何でも一人でできる自立した人です。あまりひんぱんに連絡をとることなく、べたべたすることもない付き合いを望んでいるでしょう。

仕事

個性が強く、他の人とはちょっと違う視点で物を見ているあなた。その独創性を生かした仕事をすると、楽しく没頭できます。美的センスに恵まれているので、芸術的な仕事に向いているかもしれません。

自由を愛し、集団行動の規律にしばられることが苦手なので、サラリーマンタイプではないでしょう。好奇心旺盛で、行動力もあるので、本当にやりたい仕事が見つかるまでは、何度も転職をします。でも、これと決めたら、その仕事を極めて大出世することも夢ではありません。

適職は、アパレル関係、美容師、デザイナーなどです。

相性がいい星座×血液型

おひつじ座×A型の男性
コンサバティブな彼は、少々エキセントリックなところがあるあなたの発言や行動に驚きを隠せません。こんな考えもあるんだなと、感心することしきりでしょう。彼へのアプローチは、あなたが夢中になっていることに、どんどん彼を誘ってみて。そして、あなたの色に彼を染めてしまいましょう。

いて座×B型の男性
直感に始まり、思いつきと気まぐれのセッションで盛り上がるのが、彼とあなたの恋。想定外のハプニングや番狂わせの連続で、刺激はいっぱい。お互いに、他の相手など考えられないと思うくらい夢中になるでしょう。彼へのアプローチは、SNSを充実させて、あなたの個性をアピールするのが◎。

ふたご座×O型の男性
あなたの型破りな個性や生き方に共感し、見守ってくれるのが包容力たっぷりの彼。ただし、彼は単純なので素直になれないあなたの憎まれ口やアマノジャクな発言を、額面通りに受け取ってしまう恐れが。彼へのアプローチは、伝えたいことはハッキリと具体的に示すのが誤解されないコツ。

てんびん座×AB型の男性
公私両面でよきパートナーになれる彼とあなた。ロジカルで洗練された感性を持つ彼は、あなたのエッジのきいた独創性をブラッシュアップし、理路整然とまとめてくれる、腕利きコーチのような存在。彼へのアプローチは、知恵やアイデアを借りることで、愛と成功をシェアできるはず。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・レッド
・オレンジ
・イエロー

ラッキーアイテム
・エナメルのバッグ
・ヘアバンド
・高機能のデジカメ

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ