女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【みずがめ座・O型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「みずがめ座・O型のあなた」編です。

基本性格

何はさておき友情を大切にするタチ。時には恋人や家族より仲間を優先し、嵐を呼ぶこともないとはいえません。人と騒ぐことが大好きな人気者キャラ。一方で、人と同じであることを極端に嫌う傾向があります。

自分の自由を大切にするのと同じように、人の自由も尊重するでしょう。その反面、あまりの奔放さから思わぬハプニングを引き起こしてしまうことも。トラブルメーカーになりやすいので、何をするにも慎重になることを心がけたほうがいいかもしれません。

コンプレックス

他人の意見に左右されないので、信頼はできる人です。ただ、一切人の意見は聞かない頑固者なタイプなので、人と衝突する時もあり、トラブルになってしまう場合があります。そんなところをコンプレックスに思っているでしょう。

自分の意見を絶対だと思わずに、人の意見を参考にする余裕を持つことが大切かもしれません。そういう考えもあるんだと、視野を広く持てば、もっと生きやすくなるはずです。

恋愛傾向

自己主張が激しく、恋愛相手に対しても遠慮なく意見を言う人です。強い女性と見られ、男性からは生意気だと思われることもなきにしもあらず。ただ、そんな頭の固い男性は、はなから相手にしないでしょう。

あなたが求めているのは、互いに意見をぶつけ合い、成長し合えるような男性。堂々としていて、信念を持っている男性を好みます。

また、自由な恋愛を好むので、恋人がいても他の男性を好きになってしまうことがあります。浮気や二股恋愛をしてしまう可能性も低くはないでしょう。バレないように上手にできればいいのですが、何かしら変だと思われて、バレることになるはず。

そうした修羅場をいくつもくぐり抜け、結婚をしたなら落ち着きます。独身時代いくら浮名を流したとしても、結婚後は真面目で貞淑な妻となるでしょう。

仕事

束縛や命令が苦手なタイプなので、与えられた仕事を淡々とこなすだけの仕事は向いていません。何かクリエイティブな側面のある仕事ならぴったりでしょう。あなたの持つ独創性を発揮できるからです。

判断力や洞察力が鋭く、優秀なので、どんなことでも比較的スムーズに習得し、結果を出すことができる人です。しかし、飽きっぽい面があるので、転職を繰り返すかもしれません。

自分の天職だと思える仕事を見つけるまで、とことん探し続けるでしょう。決して仕事選びに妥協はしないはずです。適応力はあるので、どんな職場にもすぐになじめるでしょう。

適職は、技術職、キャビンアテンダント、広報などです。

相性がいい星座×血液型

てんびん座×A型の男性
陽気なあなたと、おとなしめの彼。一見、正反対に見える二人ながら、光と影が実は表裏一体であるように、あなたと彼も互いのない部分を支え合うベストカップルになれる可能性が。彼へのアプローチは、彼のいいところを見つけて褒めてあげるといいでしょう。きっと彼は自分に自信を持ち、あなたに感謝するはず。

ふたご座×B型の男性
恋愛にすぐさまスイッチオンする相性。どちらも朗らかでノリのいいタイプだけに、嗜好やツボが合いさえしたら、あっさり恋が生まれそう。彼へのアプローチは、おいしいものの話をするといいでしょう。そこから共通点が見つかり、デートの約束がスムーズにできる可能性大。

いて座×O型の男性
ホットで熱血漢の彼は、あなたにとって頼もしい相手。毎日顔を合わせても退屈せず、波長の良さを実感するシーンが多いはず。彼へのアプローチは、共通の趣味を持つと進展がスムーズ。一緒にいる時間や話題も増え、自然な流れで交際へと発展させることができるでしょう。

おひつじ座×AB型の男性
情熱的でありながら淡白さもある彼と、サッパリしたあなた。互いの負担にならない快適な交際ができます。基本的にケンカも少なく、穏やかな関係を保てるはず。彼へのアプローチは、景色のいい場所へ彼を誘い、リラックスしたムードで会話を楽しんで。ただし、言いにくいことはメールやLINEで伝えるのがいいでしょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ベビーピンク
・ペールグリーン
・ブラック

ラッキーアイテム
・詩集
・昆虫のアクセサリー
・マッサージグッズ

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ