教えて! 上手な「キスマーク」の付け方

大好きなカレを他の女性に取られたくない! そんなとき、思いつくのが“恋人アリの証=キスマーク”ですよね。パッと見てすぐに分かる首筋や胸元、見えそうで見えない太もも、こっそり残す背中へのキスマーク。でも、付けようと思ったけど、うまくいかなかった……なんて女性も少なくないのでは?

そこで今回は、「上手なキスマークの付け方」をこっそりお教えします。

口をキュとすぼませる

キレイなキスマークを付けるポイントは、できるだけ口をすぼませて吸引力を上げること! 「う」と声に出したときの口をイメージして、カレの素肌に唇を密着させましょう。

このとき、肌と唇の間にすき間ができてしまうと、どんなに強く吸っても跡がつきません。掃除機になった気分で、いつものキスよりも唇をギュッと押し付けて息を吸いこんでみてくださいね。

何度も同じところを吸う

肺活量のない女性が、たった1度の吸引でキレイなキスマークを付けるのは難しいもの。息を吸いこんでいたら、息苦しくなってきて「やっぱり無理!」とギブアップしてしまった女性も多いのでは?

そんなときは、1回で跡が残るように頑張るのではなく、数回に分けてゆっくり息を吸いこむようにしてみて! 唇を離さなければ、キスマークの形が崩れる心配もありませんよ。

ペロっと舐める

口をすぼませて同じところを繰り返し吸っても、なかなかキスマークが付かない! それは肌と唇がうまく密着していないからかもしれません。

カレの肌にしっかり吸い付くためにも、キスマークを付ける前にペロッと舐めて素肌を濡らしておきましょう。たったコレだけで、ビックリするくらいキレイな跡を残すことができます。特に皮膚が厚くてキスマークが付きにくいパーツは、素肌も唇も“吸盤”のようにしっとりした状態を心がけるのがポイントですよ。

【番外編】キスマークの消し方

浮気防止に繋がるキスマークですが、相手の同意が取れていない状態でマーキングをすると、傷害罪に当たることも……!

また、愛情表現とはいえ、社会人になると首元にキスマークがある状態では人間性を疑われてしまうこともありますよね。キスマークを付ける前には、必ず相手に「付けてもいい?」と一声かけるようにしましょう。

「オッケーしたけど、翌日になったら目立ってきて気になる!」

そんなときは、応急処置として絆創膏や湿布、虫刺されのシールを貼ったり、ファンデーションやコンシーラーを塗って、そっとカモフラージュ!

熱い蒸しタオルやお風呂で血液の循環を促したり、血行を良くするクリームやレモン果汁、馬油成分の入ったクリームを使用して、根本的ケアをしておきましょう。3日もすれば、周りの目が気にならなくなる程度に薄れてくるはずですよ。

おわりに

今さら誰にも聞けないキスマークの付け方。あなたもこっそりお風呂で練習してみてはいかがですか? ポイントさせ抑えれば、キレイな唇のカタチが残せるようになるはずですよ。

 

Written by mook