セックスが痛いから嫌いという女子はどうすべき?

「彼氏とのセックスが痛くて苦痛でしかたなく、どうすればいいのかわからないんです」

今回はこのご相談にお答えしたいと思います。

セックスの痛み、2つの理由

セックスが痛い理由のひとつは、「サイズが合わない」ということですね。彼女のが小さくて、彼のが大きすぎたら、これはもう、どんなに愛しあっていても痛い。この痛みが原因で別れたカップルは、話を聞いていると何組もいます。

アソコのサイズって、誰も好き好んで小さく生まれてきたわけでもないし、大きく生まれてきたわけでもない。もうどうしようもないことです。

別れという選択をしないカップルの場合、彼女が「我慢して」セックスにつきあうこともあるのだとか。

2つ目は、よくネットに書かれていますが、女子の気持ちの問題です。あまりセックスが好きではないけど、彼がどうしてもしたいと言うから、しかたなくセックスする……こういうときに痛みを感じる人がいるそうです。彼のことがあまり好きではないけど(たとえば別れる少し前とかです)、彼の求めに応じてしかたなくセックスする。こういうときに痛みを感じる人もいるそうです。

あとは生理不順等、女子の肉体的な理由もあるそうですが、医学的なコラムではないので、肉体的なことについてはここでは触れません。

セックスが痛いとき「3つの対処法」

さて、セックスが痛くて苦痛だという場合、どうすればいいのでしょうか?

サイズがあきらかに合わない、というケースは、これはもう物理的な問題なので、物理的に考えるしかないのではないでしょうか?

つまり別れるか、別れないか。別れないのであれば、男女お互いにセックスを今後どうするのか?

こういうことをカップルで話し合うしかないでしょう。

気持ちの問題で痛い場合……こちらは、ふたたび愛しあえる状態をふたりで作らないと、どうにもならないでしょうね。

よく「彼とセックスしているときは濡れないから痛い」と言う女子がいますね。濡れないけど彼のことが好き、ということであれば、ローションを使うといい。ローションは、日本では風俗店御用達の「エロくてどうしようもないラブグッズ」という認識がありますが、海外では濡れにくくなったご夫婦が愛を育むためのもの、つまり「マジメなグッズ」なのです。

だから、濡れなくて痛いという場合は、ローションを使うといい。

あまり心配しないことです

セックスが痛くて苦痛、という女子も、やがて「セックスが気持ちいい」と思えるときがくるものです。生まれてから死ぬまでずっとセックスが痛くて苦痛だった、という人も稀にいるのかもしれませんが、一般的には、どこかのタイミングでセックスが気持ちよく感じられるようになります。

それは今の彼氏と別れて、「心身ともに相性のいい彼氏ができた」ときかもしれません。遊びのエッチで偶然、年上の男性に気持ちいいようにしてもらって、そこで目覚める女子もいます。

なにをしても痛いときは、婦人科医にかかる女子もいると聞きます。そうやって自分の体を大切にすることはいいことです。

それはそれとして、気持ちの面では、いずれセックスの痛みから解放される。こう信じておくといいのではないかと思います。

 

Written by ひとみしょう