男子が大好きなセックスの体位とは?

セックスの体位って、「48手」という言葉があるように、たくさんあります。最近では100手あるともいわれています。

48手は江戸時代に生まれたそうです。江戸時代は鎖国政策のおかげもあってか、日本は平和だったんですね。だから暇な人が(!)正常な体位(?)だけでちゃちゃっと終えてもかまわないようなセックスを、48ものパターンに分類し、それにご丁寧に絵をつけました。

さて今回は、男子が好きなセックスの体位について見ていきます。

好きな体位を探すのは大変

48手の中から男子が好きな体位を探すのは大変です。まず、似ている体位がいくつもあります。それに「後櫓(うしろやぐら)」という体位が好きです、と書いても、そもそも「後櫓」って、読めないですよね。

48手を大まかに分類すれば、「前から入れる」「後ろから入れる」「横(斜め)から入れる」の3つにまず分かれます。そのうえで男女それぞれが「座るのか」「立つのか」という分類があります。

セックスなんて、学校で教わらずとも誰もが自然にヤレることですから、おおむね皆さんが知っている(あるいは発想できる)体位がずらっと48個並んでいるわけです。

さて、男子が好きな体位。これはもう昔からほぼ決まっています。ズバリ、女子がエロそうに見える体位です。たとえば騎乗位。女子が男子の上に馬乗りになって真剣に腰を振る姿に、彼はいたく感激します。

あるいはバック。後ろから入れることで男子はある種の征服欲を満たそうとします。「おれは努力してこんなに美しい彼女を手に入れた! 彼女のことを征服している気分を味わいたい」男たちはこう考え、彼女を四つん這いにさせます。あるいは立ったままどこかに手をつかせて「入れてよ」のポーズをとらせます。男の征服欲が満ちてゆく瞬間です。

セックスしているときは、いろんな疑問が解消されているとき

男子って「じぶんの彼女がどこまでエロいのか」、わかっているようでわかっていません。だから今でも「おれの彼女って、オナニーしたことあるのかな?」と疑問に思っている男子がいます。ネット上に、「ほぼ全員の女子はオナニーくらいしたことがある」というアンケート結果がデカデカと掲載されている時代にあっても、そういう疑問を抱いている男子がいるのです。女子のことを美化して見るクセのある男子に見られる傾向です。そういう男たちは、女子がエロく見える体位が大好きです。

あるいは「ギャップに萌えるから」、男たちは女子がエロそうに見える体位が好きです。さらにもっと一般化して言うなら「セックスを一緒に楽しみたいと思っているから」女子がエロそうに見える体位が人気です。

男にとって、セックスしているときとは、いろんな疑問が解消されているときです。「おれの彼女って、ホントはエロいのかな?」たとえばこういう疑問に対して、男たちはセックスの最中に「YES」という答えを得たいと思っています。「おれの彼女って、昼間は清楚に見えるけれど、ホントはスケベなんじゃないのかな? そのギャップを確認したい」と思ってセックスしています。「やっぱりおおいなるギャップがあった」という答えを得たいのです。「おれの彼女って、ホントにおれとセックスを楽しみたいと思っているのかな?」こういう疑問に対して大きなYESを欲しがっているのです。

これらの疑問すべてに「YES」がほしいから、男たちはせっせと彼女を四つん這いにさせたり、横向きにさせたり、駅弁を売っている人のように抱きかかえたりするのです。

 

Written by ひとみしょう