女の子がAVに出てお小遣いを得るのは「よくないこと」?

最近、女の子がAVに出ることについて、公的機関の規制が入るようになりました。「騙されてAVに出演させられた」女子の訴えが、その背景にあるというのは、みなさん各種報道で知っていると思います。

そういう報道の影で「わたしはみずからAVに応募して出演し、お金を稼ぎたい」と思っている女子もいます。

今回は、女の子とAVの関係について見ていきます。
女の子がAVに出てお小遣いを得るのは「よくないこと」?

うれしいから、もっと撮影の仕事がほしい

セックスが好きで、セックスがうまくてかっこいい複数の男優さんとヤリたいから、みずからAVに応募する女子……あきらかにいます。

が、多くは「お金のため」に出演している、とされています。

お金がほしいと思い、迷い迷いAVプロダクションに応募し、面接中に脱ぐように言われ、なかば騙されるようにハメられ撮影された。たとえばこういう「被害」がありますね。

その一方で、プロダクション側と女の子がよく話し合い、お互いに納得のうえで撮影する事務所だって、もちろんあります。

そういうプロダクションに出会えるかどうか、というのが、出演したい女子にとってまず大きな問題になるのだろうと思います。

運よくそういうプロダクションに当たり、「その他大勢の企画モノのAV女優」ではなく、単体(ピン・つまりひとりのAV女優として)大事にしてくれると、「うれしいから、もっと撮影の仕事がほしい」と言う女子もいます。
女の子がAVに出てお小遣いを得るのは「よくないこと」?

キャバ嬢も営業職の女子も本質はおなじです

プロダクションサイドは、「女子を本物の女優さんのようにちやほや扱うと、女子は心を許していくらでも気持ちよくハダカになってくれる」と考えています。そして実際にそういう女優さんは大勢います。

これはキャバクラでも、女子ばかりの営業会社でもおなじです。キャバクラは、男のマネージャーが「この子は稼げる」と思えば、その子をちやほやし、気持ちよく働ける環境をつくります。そして実際にその子は非常に頑張って、売り上げナンバーワンになります。その過程でマネージャーと陰でつきあう女子も出てきます。店側の言葉でいうと「色管理」ということ。

女子ばかりの営業会社もおなじです。営業会社は通常、本社から男の管理職がやってきて、女子だらけの現場を統括します。「この子は褒めて伸ばすと売り上げを上げてくれる」こういう男の思惑と、(たとえば)「マネージャーと不倫してもいいから、楽しく仕事をしたい」という女子の思惑が一致すれば、「色管理」になります。

ようするに、AVに限らずいろんな世界で、セックスを道具にしてお金を稼ぐということが組織的におこなわれている、ということです。
女の子がAVに出てお小遣いを得るのは「よくないこと」?

「かわいそうなこと」「ダメなこと」?

さて、女の子がAVに出てお小遣いを得るのは「かわいそうなこと」「ダメなこと」なのか?

騙された人はあきらかにかわいそうでしょう。おおっぴらに騙されることなく、ちやほやされて、なかば勘違いしつつAVに楽しく出演している女子も、知恵のあるオトナから見ればかわいそうに見えるのかもしれません。結局、オトナたちの金もうけのツールにさせられているわけですから。

で、ここまでお読みになって、それでも「わたしはセックスを武器にお金を稼ぎたい」と思うのであれば、出演してみるといいかもしれません。そういう人は無意識のうちに、ハダカのお仕事に神聖なものを、きっと感じているのではないかと思います。

古代ギリシャ、ローマ時代から、ハダカのお仕事はあり、とくにむかしは「女子のハダカ=神がかった神聖なもの」という概念があったそうです。

子どもを産む、つまり命を伝える性=神聖なもの。その神聖なものと交わること、神聖な行為、ということです。

AVへの出演をめぐって、騙し騙されたとか、お金儲けのために利用された、という「現象」の奥に、神聖な考え方があります。そういうことも含めてAVを見ると、AVの是非以外の、なにかちがった価値観が生まれてくるものと思います。

 

Written by ひとみしょう

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…