既婚者の恋愛の注意点

今回は既婚者と恋愛について考えてみたいと思います。人を好きになってしまうというのは止めようと思っても止まるものではありません。

しかしながら、既婚者の恋愛は独身のそれとは全く異なりますので、注意が必要です。

不倫はしない

あなたが既婚者だった場合、あなたが既婚者を好きになってしまった場合含めて、不倫は絶対にしてはなりません。お相手、あなたのご家族と話し合いを経た上で、恋愛に進むのかを決めるようにしましょう。

身体の関係をその前に持ってしまうなど言語道断です。残念ですが、身体の関係から始まってしまった場合は、あなた、家族、お相手含めて様々なトラブル、困難が待ち受けていますので、1度我に返ってしっかりと今後について考えることから始めましょう。

視点を変える

既婚者の恋愛というのは、結婚相手以外とするものだという誤った考えを持っていませんか? 結婚相手と恋愛をしていた頃と同じような、わくわくドキドキするような関係になることを目指す、それこそが既婚者の恋愛となります。

誤った視点を持っていた人はその視点をすぐに変えましょう。結婚というのはそれほど社会的には拘束力があることです。あなただけの問題に留まりません。

人を好きになることは自由

お相手がいる男性、あなたが既に結婚していたとしても、「この人好きだな」と思うこと自体は自由です。既婚者の恋愛というのは、「思うだけ」で「行動はしない」が原則になりますので、注意しましょう。

もしも行動をするのであれば、お相手、あなたの家族との話し合いというステップをしっかりと踏んでいく必要があります。それだけの時間と労力をかけてでも、本気で好きな場合は、そういうアプローチを取ることをあなた自身で決断するようにしましょう。他の誰も責任は取ってくれません。

あなただけ、相手だけの問題では済まされない

結婚している方が恋愛する、結婚している方との恋愛において1番注意しなくてはならないのは、あなたや相手だけの問題では済まされないということです。

そして、最終的にはあなた自身にすべての責任が降りかかってくるということです。時には恨みを買ってしまうこともあるでしょう、時には良くない噂が広まってしまうこともあるでしょう、そうなったとしても、恋愛を貫いていけるのか、あなたと相手の中での覚悟がいつも試されます。

そういった覚悟や決断ができないという方は、そもそも出会いの場には一切近づかないようにするなど、リスクを回避するような行動に出ましょう。既婚者の恋愛というのは、独身同士の恋愛と全くといって良いほど考え方や人生への影響が異なります。そこをしっかりと意識しておきましょう。

いかがでしたか?

あなたの中で恋愛を優先するのか、家庭を優先するのか、トラブルを乗り越えてでも恋愛を貫くのかなど本質的な部分が試されます。生半可な気持ちで臨むのはやめましょう。

 

Written by 神崎志乃

関連キーワード

KEYWORDS