社内恋愛でやってはいけない「5つの禁じ手」!

社内恋愛、やってはいけない禁じ手

 会社や部署によって、社内恋愛におおらかな雰囲気もあれば、暗黙の了解で社内恋愛御法度なところもあります。

 街中でおバカなカップルに遭遇したら見ない振りで素通りもできますが、同じ会社で毎日顔を合わせるとなるとそうはいきません。自分も相手も気まずい思いをしないように、人の振り見て我が振り直せ……ということで、社内恋愛の禁じ手、ルール違反カップルについて考えてみます。

1.周囲をハラハラさせる社内不倫

 社内恋愛について取材をしていると、必ず話題にのぼるのが不倫カップルの噂。

 「奥さんとも社内恋愛で結婚して部署は違うけど同じ会社で働いているというのに、同じ部署の女の子と不倫しているAさん。最近、奥さんにもバレたみたいで不穏な空気が流れている」(アキコ・27歳)

 隠そうとしても隠しきれないのか、バレてもいいと心のどこかで思っているからバレるのか、いずれにしても社内不倫は周囲の人に気づかれているケースがほとんど。また、同じ部署、社内で複数の相手とつきあう、次から次へとつきあうのは当然NGです。

2.恋人の監視役を同僚に依頼

 「社内恋愛するのはいいけど、彼の監視を頼むのは勘弁してほしい。メールで『今日の飲み会は誰が参加するの?』『来週の大阪出張って、他にも誰か行くの?』と質問攻め。何かあったら私が告げ口してるみたいだし、いちいち面倒くさい」(ミホ・31歳)

 たとえ仲のいい同僚だとしても仕事中に彼の行動を報告させるなんてマナー違反。それ以前に監視されていると知ったら、きっと彼も嫌がるでしょう。

3.ケンカは社外でお願いします

 「社内恋愛中のB子さんは気が強く、彼とケンカをすると人を寄せつけない負のオーラを出します。仕事にも支障があるし、ケンカをするなら社外でお願いしたいです」(トモヨ・34歳)

 恋人とのケンカで八つ当たりされたり、負のオーラを出されたりしたら厄介ですね。逆に、仲が良すぎてヒンシュクを買うカップルもいるようです。

4.二人だけの世界に入りすぎ

 「同じ部署でつきあい始めたカップルは、ふと気づくと二人の世界に入っています。二人きりになりたいんだろうなぁと思うけど、こっちも仕事なので! 居づらいし、文句も言いにくいし、困ります」(サキ・29歳)

 職場では二人きりになりたい気持ちをぐっと押さえ、ほかの同僚と同じように接するよう細心の注意を払いましょう。

5.感情の起伏が激しすぎ

 「もともと感情の起伏が激しい人だったけど、仕事で女性社員と話しているだけで不機嫌になったり、嫉妬したりするのを見ると、子どもっぽいと思ってしまいます」(リツコ・30歳)

 いかがでしたか? 職場での恋愛をオープンにすると、周囲が気まずい思いをすることもあるようです。社内恋愛では、意識して恋人を特別扱いしている、恋愛感情を仕事に持ち込んでいるなどと誤解されないように振る舞う慎重さが求められます。ときには、自分たちが周囲の人の目にどう映っているのか、冷静に判断するようにするといいかもしれません。

【石田陽子の恋愛コラムガイド:石田 陽子】


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…