もう周りに翻弄されないで!「結婚する」よりも大切なこと

長年、独り身でいると悪気のない一言をさらりと投げつける人が増えてきます。「どうして結婚しないの?」「子供を産みたいと思わないの?」これってすごく傷つく言葉ですよね。結婚したいと思う人も、そうでない方にとっても結婚が当たり前と思う価値観。もうそろそろ、止めにしませんか?今回は周りの言葉に翻弄されない女性の生き方について考えてみたいと思います。
悩む女性のイメージ

結婚、本当に大切ですか?

周りが結婚をし始める25歳前後の第一次結婚ラッシュ。そしてアラサー世代の結婚ラッシュと相次ぐ周りのライフステージが変化すると共に、自分の心も自然と結婚へと気持ちが向いて行くもの。

そろそろ結婚への準備と思って婚活パーティに出向くも成果なし。こうした日常を半年以上続けているとやがて、心は「好きになれる人に出逢いたい」から「とにかく結婚しなくては!」という目的がすり替わっていくようになります。

本来、結婚も恋愛も頑張ってするものではありません。自然と好きな人ができて、好きになった人との先にある未来が結婚なのです。その肝心の「誰」がいない内は、無理につくろうと躍起にならなくても大丈夫。
友達と話をするイメージ

外野の声を一蹴するテクを身につける

でも、多くの女性がこうして「結婚」という言葉に翻弄されてしまうのは周りの声が厳しくなっていくことも起因しているかと思います。冒頭にもお伝えしたような言葉を、身内や友人から投げかけられた方は一人や二人ではないはず。

正直、結婚が前提の人生プランを他人に決められたくはありませんよね。日本ではまだこうした「結婚しない人生=行き遅れた人」という侮蔑的な考え方を、無意識的に持っている方が少なくありません。あなたが独身である以上、こうした声が止むことはありませんが、気にしすぎて心をすり減らすのはもったいない!

右から左へ聞き流すテクニックを身につけるか、もしくは「結婚はしない主義なの」と言い切ってしまうか、「相手がいないからこれ以上は言わないで~」と軽くかわす一言を考えておくのも手ですね。

焦るよりも人生を楽しく謳歌するが大事

大人の女性は時々、自分の年齢を振り返り将来に想いを馳せる時があります。私自身も将来を不安に思ったことは何度もありますし、それは今でも変わりません。しかし、このまま一人だったらどうしよう…と思って焦って婚活をして、心が疲弊していては意味がありません。

それよりも、肩の力を抜いて人生を謳歌する気持ちも時には必要です。結婚よりももっと大切な、自分を大切にする時間をたくさん作って心を癒してあげてくださいね。

Photo by fotolia

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…