好きだからなんです・・・。大人男性の「あまのじゃくな言動」とは

小学生時代は好きな女子にわざと意地悪をして、中学や高校に入ると意識しすぎるあまりつい冷たい態度をとってしまう…という青春時代を過ごしてきた男性たち。幼い頃から恋愛に対して強い興味を抱く女性と違い、男性は物心ついた頃から、好きな相手に好意を伝えることが苦手なのです。では、そのような経験を積んで大人になった男性は、片思い中の相手に対して、どのようなあまのじゃくな言動を見せるのでしょうか。
男女のイメージ

何かと口実や言い訳を口にする

恥ずかしさからあまのじゃくな態度をとっていた子ども時代と違い、自分が傷かないためにあまのじゃくな態度をとってしまうのが大人男性の片思いです。彼らは過去の恋愛経験から失恋のつらさも学んでいるため、無意識のうちに傷つかないための予防線を張ってしまうのです。

「たまたまチケットが取れたから」という口実でお誘いをしたり、女性から断られると「別に大した用事じゃないから気にしないで」と言い訳をしたり。そのように何かと口実や言い訳を探してしまうのは、好きな女性から拒まれたときに傷つかないで済むようにしたいから。

彼があなたに対して言い訳がましい態度を見せるのも、実は好意を持っているからこその言動だったのです。

押したり引いたりの駆け引きが激しい

頻繁に電話やLINEが来ていたと思ったら突然連絡をくれなくなるなど、態度がころころ変わる様子も、大人男性の片思いで見られる言動のひとつです。そもそも片思い中は相手の何気ない一言に一喜一憂します。あなたが無意識のうちに放った言葉が彼を勝手に盛り上げたり、落ち込ませたりするきっかけをつくっている可能性もあるのです。

きっと嬉しい出来事があれば、自信を持ちどんどんアピールをしかけるでしょう。反対に落ち込む出来事があると「嫌われた」と勝手に思い込み、好意を見せることをやめるはず。押したり引いたりの駆け引きが激しいのは、それだけあなたの言動に彼が振りまわされている証拠でもあるのです。
男性のイメージ

どことなく他人行儀な一面を見せる

大人男性が恋愛において一番避けたい状況は、相手の女性から嫌われてしまうこと。特に片思いという安心できない状況では物事を悪い方向に考えがちなため、好かれるよりも「嫌われるという事実」ばかりを強く意識してしまうのです。

二人きりになると突然敬語で話し始めたり、当たり障りのない会話しかしなかったり……。そんなどことなく他人行儀な一面を見せるのは、馴れ馴れしくしてあなたに嫌われたくないと思うから。徐々に距離をつめていこうとするがあまり、つい他人行儀っぽい接し方をしてしまうのです。

あまのじゃくな言動から気持ちに気づいてあげて

これまでの人生で様々な経験をしてきた男性は、恋愛の楽しさだけでなくつらさも知っています。その過去の経験から「もう恋愛で傷つきたくない」と強く思い、積極的に行動を起こせない人もいるのです。

一見、無関心とも思える男性の言動も、実際はあなたに好意を持っているからこその態度なのかもしれません。そんな男性のあまのじゃくな言動を見極め、彼らの気持ちにいち早く気づいてあげましょう。
Photo by fotolia

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…