実は男女で真逆! マル秘「恋のかけひき」

わざと思っていないことを言ったりして相手の反応を見た経験、恋愛中の男女なら誰しも一度はあるはず♡好きだからこそ相手の気を引きたいですよね。
それなのにすれ違ってしまう理由はどうして? 実は男女で真逆! マル秘「恋のかけひき」をお届けします♡


出典:Shutterstock.com

恋のかけひき、してる? orしてない?

恋愛においてかけひきはとても大切。「かけひき」とは言うものの要するに“心理戦”なんです。例えば、気になる相手に「好き」「大好き」「付き合って」と毎日言われていたのに、急にある日を境に無視されだしたら「あれ?なんで?」「嫌われたのかな」「なにかしちゃったかな」と好きじゃなかったにも関わらず思うもの。実際に自分がされると本当に相手のことが気になりだすから不思議なんですよね♡

かけひきは無意識にしている場合もあります。喧嘩中、譲るつもりがないのに相手に譲るそぶりを見せたら「そっちでいいよ」と相手が折れてくれたりした経験ありませんか? 「自分はかけひきなんかしない」という人も実は心理テクニックを使っているかも!?

男女で違うかけひきの仕方


出典:Shutterstock.com

男性は相手の気を引きたいとき、躊躇せず言える言葉があります。それはズバリ「好き」という言葉。
もちろん本気で「好き」と告白の意味で言っている場合もありますが、それ以外もあります。「ちょっといいな」「Hしたいな」「押せばいけそうかな」こんなときも「好き」と言ってしまう男性が多いんだとか! 女性は男性からのストレートな言葉に弱く「好き」と言われれば自分だけ、という特別感からその男性に心が動いてしまうことも。

しかし、女性は男性とは真逆! 女性は本当は嫌いじゃない相手に「嫌い」とわざと言って気を引こうとすることもあります。「嫌い」と言っても本心は「もっと押されたい」「求められたい」「好きと言ってほしい」だったりします。女性は「嫌い」と言ったときの男性の反応を見ていますよね。
それで簡単に諦めるようなタイプの男性は「本気じゃなかったんだな」と思うことも。彼の本気度を見るための、女性独特のかけひきとも言えるかもしれません。

男のかけひきはストレート、女のかけひきは複雑

本当は好きなのに「別れよう」というのは女性に多いですよね。男性は「もうきっぱり今フラれたら諦めるから、どっちか選んで」のようにかけひきというより「賭けにでる」ことが多いよう。どう言ったら男性がどういう反応をするか、女性の方が先読みして複雑なかけひきをしている印象です。女性の真意が全くわかっていない男性も多いから伝わっていないことも! 結局彼に真意が伝わらなかったら意味がないですよね。


出典:Shutterstock.com

かけひきは大切ですが、しすぎると面倒な女扱いされてしまうから注意が必要です♡相手を試すような言動には気をつけてくださいね! 男女で考え方が違うことを理解してとっておきのタイミングでかけひきしてみてはいかが?