女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【うお座・A型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「うお座・A型のあなた」編です。

基本性格

自己犠牲心が強くてお人好し。いいように利用されても、悪く言ったり、疑ったりできずにまた尽くす優しさがあります。あなたの愛情は周りの人すべてに注がれます。

親しい友人などの近しい存在はもちろん、過去にひどいことをされたような相手であっても、許す心をもって優しく接することができます。これができるのは真の優しさを持った人のみ。

つまりあなたは、類稀なる優しさと深い愛情の持ち主なのです。一方、甘え上手で周囲からかわいがられる半面、気弱で人に依存しやすいのも特徴。

コンプレックス

人を疑うことがないので、悪い人にだまされてしまい泣きを見ることも少なくありません。そんなところにコンプレックスを持っているでしょう。

痛い目を見ないためにも、罪悪感を持つかもしれませんが、ある程度「人を疑わなくてはいけないときもある」ということは頭に入れておくようにしましょう。それができるようにならないと、真の大人だとは言えません。

恋愛傾向

恋愛に対しては非常に奥手なタイプです。好きな人ができても、自分からアプローチすることはありません。好意を持っていることを悟られるのにも恥じらいを感じてしまうので、好きな男性ができても、相手があなたの好意に気づかないでしょう。

恋のチャンスがあっても、逃してしまうかもしれません。誰か縁結び役になってくれる人でもいない限り、交際には発展しにくいでしょう。

もし交際に発展したら、恥ずかしがり屋でかわいらしい女性なのだなとはわかってもらえます。時間はかかるかもしれませんが、一途なので恋人とは深い絆で結ばれるでしょう。長い付き合いの末に、結婚に至る可能性大です。

ただ、もし恋が終わってしまったら、いつまでも引きずります。あの人以上に愛せる人はもういないのではと思いつめてしまうので、なかなか次の恋へと行けないでしょう。

仕事

素直で真面目なあなた。自分の力だけで仕事を行うよりも、人の指示に従って働く形が向いています。職場の人たちや、取引先の人からは好印象なので、接客業には向いているでしょう。人と張り合うことが苦手で、出世やお金にもあまり興味がない無欲なタイプです。

でも、地味にコツコツと努力していくので、いずれその功績が認められるでしょう。周囲からは信頼され、特に目上の人からはかわいがられるはず。どんな仕事でも文句ひとつ言わずに黙々と取り組むあなた。職場では重宝される人材であるのは間違いありません。でも、結婚したら仕事をスッパリ辞めてしまうかもしれないでしょう。

適職は、事務職、経理、秘書などです。

相性がいい星座×血液型

かに座×A型の男性
彼は優しくて穏やか。そばにいてくれるだけで、ホッとする存在でしょう。恋の成就までは紆余曲折いろいろありそうですが、波長はジャストフィット。彼へのアプローチは、彼が落ち込んだり、傷ついたりしているときに、すかさず救いの手を差し伸べて。慰め、励ますうちに、深い関係へと進めそう。

さそり座×B型の男性
互いにないものを補い合えるベストカップル。一見正反対に思える二人ながら、むしろその違いを楽しむようにすると状況一変。不安や迷い、苛立ちさえ愛に変わっていくはず。彼へのアプローチは、あなたのお気に入りの場所へ彼を連れていきましょう。そうすれば、関係が深められるでしょう。

おうし座×O型の男性
保護本能が旺盛な彼のおおらかな愛に包まれ、あなたは恋する喜びや幸せを感じることができるでしょう。とても有望なカップルになれる可能性大。彼へのアプローチは、あなたが困ったとき、悩んだとき、彼に助けを求めてみて。それが、恋のドラマの始まりとなるでしょう。

やぎ座×AB型の男性
ハートのリズムは決して悪くありません。ただ、警戒心の強い彼の心をノックするのは、思った以上に大変かも。それでも、心の扉を開いてくれるまで、粘り強くせまってみて。彼へのアプローチは、彼の専門や得意分野について、いろいろ質問して教えてもらうのが近道です。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・バイオレット
・ダークグリーン
・パープル

ラッキーアイテム
・地図
・自転車
・スパイシー系の香水

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ