女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【うお座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「うお座・B型のあなた」編です。

基本性格

愛嬌があって世渡り上手。初顔合わせや不慣れな場にも、一瞬で溶け込む適応力と人懐っこさが持ち味です。難点は、急に不機嫌になる、すねるなど、子供じみた面でしょう。また、人の評価というものをとても気にします。

褒められることが大好きで、いつも人に褒められたくて行動をするでしょう。そのために努力も相当します。とても前向きな性格でもありますし、素直な心も持っています。自分を褒めてくれる人には全幅の信頼を寄せるでしょう。その人たちとはかなり良好な関係を築くことができます。

コンプレックス

マイペースで自由を好み、束縛を嫌います。窮屈な環境にいると、ストレスがたまりまったく本来の力が出せません。そんなところにコンプレックスを持っているでしょう。

もっと世渡り上手になれればと思うのですが、不器用なタイプなので難しいようです。周囲と足並みをそろえて行動できないので、一人だけ遅れをとったりもします。そんなとき、自分で自分が嫌になってしまうのかもしれません。

恋愛傾向

かなりの恋愛体質で、恋にはどっぷりのめりこみます。常に誰かと恋をしていたいタイプで、心の感度のアンテナは常に研ぎ澄ませているでしょう。恋のターゲットを見つけたら、振り向いてもらうための努力は怠りません。

相手に求めるだけでなく、自分磨きにも熱心になるでしょう。より魅力的になれば、恋が叶う可能性が高まると思うからです。交際が始まったら、恋人によく尽くします。それは、彼に褒められたいという気持ちが無意識のうちに働くからかもしれません。

とにかく褒めてくれた相手に全幅の信頼を寄せ、好きになる傾向が強いので、それを恋だと勘違いすることもあるでしょう。おだてられて失敗したということがないよう気を付けていく必要があります。むしろ、初対面のときから調子のいいことばかり言ってくる男性のことは、疑ったほうがいいかもしれません。

仕事

どんな仕事にも楽しみを見つけられるので、どんな職場でもやっていけるタイプです。順応性はかなりあります。いつも楽しそうに明るくしているあなたは、職場の雰囲気を明るくし、ムードメーカー的な存在になるでしょう。人当たりがよく、朗らかな性格なので、接客業に特に向いています。

自分の力で独立するよりも、組織の中で働くほうが認められる場合が多いでしょう。安定した収入や、人間関係に恵まれることを、何よりも重視するタイプです。フリーランスや起業には向いていません。そうした働き方では、いつも不安で情緒不安定になりがちだからです。

適職は、ホテル業、美容部員、事務職などです。

相性がいい星座×血液型

さそり座×A型の男性
流れに身を任せて自然体で生きるあなたに、彼は強い憧れを持ちます。リアリストの彼ですが、あなたと一緒なら夢を見られる気がするでしょう。彼へのアプローチは、あなたの夢や目標を熱く語ってみて。きっと、彼は楽しそうに話を聞いてくれますし、いろいろと応援をしてくれるはず。

かに座×B型の男性
フィーリングさえ合えば、理屈もプロセスも抜きにして恋に落ちることができる感覚人間のあなたと彼。彼へのアプローチは、難しいことは考えずに、素直に「デートしたいな」などと言ってみて。そうすれば、彼はノリよく応じてくれて、たちまち楽しい交際が始まっていくでしょう。

やぎ座×O型の男性
恋人としてはもちろん、結婚相手にもふさわしい二人。自由に飛び回るあなたは、狩猟民族をルーツとする彼の本能を刺激してやまない存在でしょう。彼へのアプローチは、自由気ままに行動し、彼の「知りたい」「捕まえたい」という気持ちをくすぐるのが有効です。ゴールインまでは、あまり時間をかけないのがコツ。

おうし座×AB型の男性
理性的な彼は、直感と情動に揺れがちなあなたを鎮め、支えてくれるベターハーフ候補。クールな彼には、何かと助けられることが多いでしょう。彼へのアプローチは、何でも遠慮なく相談をすること。彼はあなたに頼られるほどに、あなたがかわいくて仕方がなくなります。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・グレイ
・カーキ色
・ブラック

ラッキーアイテム
・腕時計
・アンティークドール
・辞書

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ