女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【うお座・O型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「うお座・O型のあなた」編です。

基本性格

親身なO型の中でも、とりわけボランティアスピリット豊か。友情から恋愛、仕事まで、自分を犠牲にしてでも人に尽くすはず。そのくせ、報いが乏しいとあっさり見切る一面も。また、人を惹きつける魅力のある「不思議ちゃん」です。

理想を追い求めて生きるのですが、どこか地に足がついていないと不安になってしまいます。そのため、ロマンティックな発言をしながら、急にシビアなことを考えて口に出すという、わけのわからないところがあります。思考回路が読めないので、周囲はあなたのそばにいると飽きることがないのです。

コンプレックス

考えがコロコロ変わるので、自分で自分がわからなくなることが多いようです。自分はいったい何をしたいんだろうと、腹が立つこともしばしば。そんなところをコンプレックスに思っているでしょう。

そうなってしまうのは、興味の対象が次々変化するため、考えがまとまらないからです。でも、そのようなつかみどころのないところも、あなたの魅力ですから、仕方ないと割り切ったほうが楽でしょう。

恋愛傾向

夢を追い続ける少女のような一面を持ち、ドラマや映画に出てくるような恋愛を求めています。とてもロマンティックです。しかし、その一方で、堅実な男性を好むので、自分の中に矛盾した恋愛観が存在しています。

そのせいで、好きな人に対していろいろと注文が多くなったり、相手の嫌な面が見えてくると、すぐに見切ってしまったりしがちです。ロマンティックかつ堅実な男性をとことん探すか、妥協点を見つけるのかどちらかにしたほうがいいでしょう。

交際が始まると、相手を一途に愛します。相手はあなたの不思議な魅力のとりこになり、大切にしてくれるでしょう。長く付き合えば付き合うほど、相手はあなたをかけがえのない、誰にも代わりはきかない特別な女性だと思うはずです。

仕事

とても常識があるので、組織の中で働くことが向いています。束縛やしがらみを嫌うので、フリーランスのほうがよさそうにも思えるかもしれませんが、孤独に弱いタイプなので、やはり周囲に人が常にいる環境のほうが働きやすいでしょう。

頭がよく、どんな仕事を任されても、すぐにコツをつかみます。環境になじむ適応力も高いので、転勤や人事異動があっても、すぐ新しい職場になじめます。身体を使う仕事よりも、頭をフル回転させる仕事が向いているでしょう。自分独自のアイデアをひねり出しては堂々と発表して、周囲を圧倒させられる可能性大です。

適職は、コンピューター関連、企画、建築関係などです。

相性がいい星座×血液型

おうし座×A型の男性
誠実な彼は、意外に打たれ弱いあなたの心強いブレーン(頭脳)。人生や恋の指南をお願いすれば、いい方向へと導いてくれるはず。彼へのアプローチは、パーティやイベントにエスコートしてもらうのがオススメ。頼られると嫌と言えない彼のこと、しっかり役目を果たしてくれて、二人の距離は縮むでしょう。

やぎ座×B型の男性
恋が盛り上がりやすい相性の彼とあなた。地に足がついている彼は、いろいろと現実的な問題が降りかかってきたとき、あなたを助け守ってくれるでしょう。彼へのアプローチは、悩みがあったら、すぐに相談をするなどして頼ってみて。彼は嬉しそうにいろいろ世話を焼いてくれるはず。

かに座×O型の男性
男気があってタフな彼は、頼れる恋人を求めているあなたにとって、一目でお眼鏡にかなう理想の相手と言えそう。彼へのアプローチは、困ったことがあったら、まずはメールやLINEで相談を持ちかけてみて。もしかしたら、彼はすぐさま駆けつけて、あなたを慰めてくれるかも。

さそり座×AB型の男性
万事にソツがない彼は、あなたにとって良き相談相手。悩みを打ち明ければ、しっかりとアドバイスをしてくれるでしょう。彼へのアプローチは、相談にのってもらったら、お礼にとあなたの手作りのお菓子をプレゼントしてみて。きっと、彼はあなたの家庭的な一面に触れて、グッときます。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・ターコイズブルー
・グリーン
・ブラック

ラッキーアイテム
・かわいいマウスパッド
・アクア系の香水
・カラーマスカラ

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ