女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【うお座・AB型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「うお座・AB型のあなた」編です。

基本性格

不思議キャラというイメージが強いものの、実は計算尽くのぶりっ子演技かも。基本的には芸術家タイプで、昔から他の人とは一線を画し、独特の感性を持っているでしょう。自分が思うままに行動し、他人の意見に左右されることはありません。

こうしたあなたの感性は、他の人に強い影響を与えます。既存の考え方に縛られないアイデアをパッとひらめくことができます。そのアイデアで人を圧倒させられるでしょう。また、他人に何を言われようと気にしない、図太さがあるのは強みです。

コンプレックス

誰とでも話ができるあなたですが、自分のテリトリーは侵されたくない人。ズカズカと自分の中に土足で入ってくるようなずうずうしい人には、ついカッとなって怒ってしまいます。そんなところをコンプレックスに思っているでしょう。

よくよく考えれば、怒るほどのことでもないのに、意外と導火線が短いタイプなので、すぐに感情を爆発させてしまいます。でも、そうした激しい気性が、爆発的な発想を生むので、あながち悪いとは言えません。

恋愛傾向

見た目が個性的なので、同じく個性的な男性からモテる傾向が強いようです。芸術家、アーティストと呼ばれるような男性とは、刺激的な付き合いができるでしょう。

ただ、恋愛に対しては消極的で、好きな人ができても、どうアプローチしていいものかと戸惑うようです。自分から動けないので、恋のチャンスを逃してしまうこともしばしば。

また、どうでもいい男性とはおしゃべりが弾みますが、肝心の好きな男性の前では何も話せずもじもじしてしまいます。交際に至るには、友達など縁結びをしてくれる協力者の存在が必要不可欠でしょう。ただ、交際が始まれば、スムーズにつきあうことができます。

特に、相手の尊敬できる面をすぐに見つけて、そこを褒めたりしていい関係をつくっていけるでしょう。ベタベタした関係ではなく、互いに自由なことをしながら、時々は一緒にいるようなメリハリのある交際を好みます。

仕事

斬新なアイデアと、美的センスをいかした仕事をすると、あなたの能力をフルに発揮できます。単調な仕事だとすぐに飽きてしまうので、仕事内容や環境に変化がある仕事が向いています。出張が多い職場や、見知らぬ人とひんぱんに接する仕事、またはクリエイティブ系の仕事なら、申し分ないでしょう。

ただ、束縛や規則が苦手なので、自由な社風でないと長くは続かないかもしれません。自分の可能性を追求したい野心がありますので、ステップアップのためなら、転職もよくするでしょう。

適職は、ライター、デザイナー、広告制作、雑誌編集などです。

相性がいい星座×血液型

やぎ座×A型の男性
夢見がちでどこか浮世離れしたところのあるあなたにとって、彼はナイト的存在に。危なっかしく見えるあなたのことを、守ってあげたいと思う彼。持ち前の責任感を燃やしてくれるはず。彼へのアプローチは、気取りも遠慮も捨てて、素の自分のキャラを出すだけでOKです。

おうし座×B型の男性
クリエイティビティ豊かな彼とあなた。互いの発想やインスピレーションにインスパイアされて、遊び心満点のロマンスを楽しめそう。加えて、人生のサクセスをシェアできる期待も。彼へのアプローチは、毎日ひんぱんにメールやLINEのやりとりをして、心の絆を強化するのが◎。

さそり座×O型の男性
征服欲の強い彼は、可憐なあなたに強引にせまってきそう。そして、いつの間にかあなたを彼女扱いするようになるかも。でも、その強引さがあなたは嫌ではないでしょう。彼へのアプローチは、うるんだ瞳で彼をじっと見つめるだけでOK。彼はあなたがかわいくて仕方がなくなり、守ってあげたいと思うはず。

かに座×AB型の男性
優雅な感性がマッチする彼とあなた。周囲から見たら、とてもお似合いのカップル。彼は、あなたの揺らぎやすい心をよく理解してくれます。彼はそっけないように見えて、実はとても優しい人。あなたを包み込んでくれるはず。彼へのアプローチは、あなたの弱みや不安を積極的に見せていくようにして。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・アクアブルー
・ビビアンレッド
・ピュアホワイト

ラッキーアイテム
・水晶
・レザーグッズ
・ヘルスケアアプリ

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ