しつこい男の撃退法! 曖昧な言葉は無効? 効果的なのは……。

好きでもない男子にしつこくデートに誘われたとき、どうやって断っていますか? 女子的には断っているつもりでも、男子の中には断わられていることに気づかない人もいます。

そこで今回は断るのに効かない言葉と効く言葉を紹介。

「忙しい」を鵜呑みにする男子は多い

女子の中にはしつこい男子からの誘いを「忙しいのでごめんなさい」と言って断っている人もいるはず。

筆者も昔は「忙しい」という言葉を使って断っていました。でも男子の中には「忙しい」という言葉を鵜呑みにしちゃう人もいるんですよね……。というか本気で女子を狙っている場合「忙しい」という言葉だけで引き下がる男子も少ないです。なので本当に撃退したいのであれば、「忙しい」はなるべく使わない方が吉。

「予定を見てこちらから連絡します」も効かない男子がいる……。

「今週末ご飯いかない?」「いつ会える?」としつこい誘いに「予定を見てこちらから連絡します」というのも断り文句でよく使われますよね。

言葉の意味的には「こっちから連絡しない限り連絡してくるなよ」というものですが、それを言っても察しの悪い男子は1週間後とかに「予定はどう?」とまた連絡してきますよね……。

「まだわかりません」で逃げるのもいいけど、それだとまた数日後に連絡くるのがオチ。できれば最初から「予定を見てこちらから連絡します。」という言葉は使わないほうがいいです。

「みんなで行きましょう」と誘っても気づかない

「〇〇駅におしゃれなビアガーデンができたんだ。一緒に行こうよ!」という誘いに「じゃぁみんなで行きましょう」と、ふたりで行くのがイヤだからみんなを巻き込もうとする女子もいるはず。

でも「え? ふたりで行こうよ」と切り返されたことないですか? 察しの悪い男子は女子の『みんなで行きましょう=ふたりきりはイヤ』という暗喩に気づけなかったりします。

この後の切り返しって難しいですよね。ストレートに「ふたりで行くのはイヤです」と言えるならいいけど傷つけたくないという気持ちがあると言いにくいもの……。なので『鈍感そうだな……。』って男子には「みんなで行きましょう」という言葉も危険です。

誘いの連絡を撤退的に無視

これ筆者がやったことあるのですが、しょっちゅう連絡してくる苦手な男子がいて、でも仕事上で繋がっているからブロックもできず、食事の誘いの連絡だけ徹底的にスルーしてました。

そしたら彼も気づいたんでしょう、2ヶ月もしないうちに一切誘われなくなりましたよ。なので下手に「忙しい」とか「予定みてから連絡します」とか「みんなで行きましょう」と使わずに無視が効果的かもしれません。

ちょっと残酷ですが、曖昧に断るのも男子に酷ですからね。無視を繰り返されたらさすがに鈍感な男子も気付きはじめますって。

彼氏がいるからごめんなさい

「彼氏がいるからごめんなさい」と断るのも結構有効。男子だって恋愛対象として狙っていた場合「なんだ、彼氏がいるのか……。」と諦めがつきやすいです。

「彼氏がいる」って結構便利なもので、仮にまた誘われても「〇〇の彼氏です。迷惑なのでもう連絡してこないでください。」と彼氏のフリをして返信ができたりします。となればしつこい男子もよほどのことがない限りもう連絡はしてこないでしょう。

おわりに

しつこい男子から連絡があるたびに「あ〜、また来たよ……。」とうんざりしている女子もいるでしょう。

けど男子自身はちっとも自分が迷惑なことをしていると思ってないんです。なので曖昧に断るのではなく、なるべくしっかり断った方がいいです!

 

Written by 美佳