もったいないぞ!男性がデートの誘いに乗ってくる成功率は65%と判明

“恋をするのに最も必要なもの”について考えたことはありますか? よく「出会いは積極的に求めた方がいい」「彼氏がいる女性ほど、積極的に異性に声をかけている」といいますよね。

たしかに片思いなら声をかけなければ、いつまで経っても両思いにはなれぬまま。たとえ両想いであってもお互いに行動しなければ、ふたりの距離は縮まらない一方です。

まさにどんなイケメン美女でも恋は行動なくして、自分の想いが相手に伝わることは一切ないもの。今回はそんな恋の積極性がいかに大切なものなのか、恋学のアンケート調査をもとにご紹介したいと思います。

イマドキの男女はどのくらい恋に積極的?

とはいえ、“恋は行動あるのみ”と聞かせられたところで「頭ではわかっているんだけどね……」と、なかなか行動に移せない人も多いのでは? 恥ずかしながら、筆者もそのうちのひとりです。

実際のところ、世の中の男女は恋にどのくらい積極的なのでしょうか? 株式会社リンクバル街コン参加者の20〜30代の男女274人にアンケートを行ったところ、イマドキの男女の恋の積極的が赤裸々に判明。一体どんな結果が出たのか、さっそく覗いていきましょう。

この一ヶ月以内に異性をデートに誘いましたか? 全体

まず「この1か月以内に異性をデートに誘った?」と聞いたところ、「誘った」と答えた男性は30.7%。女性は14.7%でした。いずれも全体の3割、2割程度といったところでしょうか。

男性の草食系が進んでいると騒がれている昨今ですが、男性の方が割合が高いのは“やはり声をかけるのは男性から”と考える男性がまだまだ健在な証拠なのかも。男女ともに自主的に声をかける割合は少な目ですが、恋に積極的な男女は確実にいることがわかりますよね。

積極的な行動を取ってどのくらい恋に結びつく?

では今度は、それら積極的なアプローチがどのくらい恋に結びつくのかどうか? についてチェックしていきましょう。引き続き、こちらのグラフをご覧ください。

誘いには

同対象者に「その誘いには乗ってもらえた?」と聞いたところ、「乗ってもらえた」と答えた男性は37.4%反対に、女性は64.5%でした。前述するグラフとは男女の比率が真っ向から異なりますね。

なかでも驚くべき結果は、女性が誘いに乗ってもらえた割合です。女性から声をかけて、なんと6割以上の人が「男性からOKをもらえた」というのは、私たちが想像する以上の成功率といえそう。

それこそある調査によれば、片思いの相手に告白できなかった経験者のうち、約3人に1人が「実は両想いだった」という結果も出ているほどです。女性から声をかけるのは勇気が入りますが、その成功率が約65%となればあなたのひと言が、恋のきっかけを生む可能性も十分考えられそうですよね。

受け身の恋から積極的な恋をしよう!

「恋は行動が大事」まさにこの言葉通り、自分から異性に声をかけるみずからアプローチすることが、いかに恋の成就を高めるかがわかるアンケート結果でした。

受け身の恋は傷つかずに済みますが、いつまでも待ちの状態では恋ができるのもいつになるかわかりません。

いま気になる人がいる、好きないる女性は気が向いたときでも、ときには自分からアプローチする勇気を振り絞ってみてはいかがでしょうか?

【情報提供】 ◆恋を学ぶ情報サイト「恋学」
◆調査時期:5/10~5/11
◆調査対象:20代30代の街コン参加者男女
◆調査数:合計274名(男性132名、女性142名)
◆調査方法:紙アンケート


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…