結婚相談所が教える!結婚できない女子にありがちなタイプとは?

BAR北条へようこそ!バーテンダーの北条誠です。

このコラムでは、北条が経営するBARで毎夜繰り広げられる実際の恋模様を元に、恋愛の駆け引き・コツをご紹介していきます。

今回のテーマは、結婚できない女子にありがちなタイプとは、です。

カウンターには大手結婚相談所支店長のY氏が、飲み友達のIちゃん、Uちゃんといらっしゃっています。独身のIちゃんとUちゃんは、結婚相談のプロであるY氏の話に興味深々です。

Y氏から語られる「結婚できない女子にありがちなタイプ」とは、どんなものなのでしょうか。

「自称マイペース」な女子は結婚に不向き?

近年、結婚相談所を利用する人が増えたため、ルックスや年収等、条件の良い登録者が多くなってきているそうです。しかし、それでもなかなかお相手が見つからない女子もいるのだとか……

Uちゃん「結婚相談所に登録しても相手が見つからない人っているんですか?」

Y氏「いるよ。そういう人は性格に問題がある人が多いかな。特に相手が見つからない30代女子に多いのが、『自称マイペース』だね」

「マイペースな私ですが、どうぞよろしくお願いします」と自己紹介する30代女子の中には、マイペースと自分勝手を履き違えている人も結構いるそうです。「LINEは既読になるが返事は2日後」「デートの約束はするがドタキャンが多い」等々、相手に対して失礼にあたる言動が多く、それを咎められると、「私、マイペースなんで」と言い返すそうです。

Y氏「マイペースの一言でなんでも自分の思い通りになると考えていて協調性がないので、恋愛や結婚には向かないよね」

たしかに、恋愛は相手がいてはじめて成立するもの。すべてをマイペースで片づけてしまうと、もはやそれは自分勝手の領域になってしまうということなのでしょう。

結婚に理想ばかりを求めてくる女子

Y氏「年収800万以上、職業は公務員か大手企業、ルックスが良くて高身長、長男よりも次男、車を持っていて貯金がある男子、と言った感じで、とにかく条件を沢山出してくる女子もなかなか結婚できないね」

Iちゃん「でも、結婚するからには、そういった条件は気になりますよ」

確かに、女子としては男子の様々な条件が気になるところでしょう。しかし、さきほどY氏が挙げたような条件をすべてクリアするような男子は、全体の何%いるのでしょうか?

仮に条件を半分に減らしたとしても、全体の1割もいないことでしょう。Y氏の言葉を借りれば、「結婚に対する理想ばかりが高く、現実が見えていない」女子といえそうです。

待っているだけじゃ素敵な男子とは出会えない。

こうした現実が見えていない女子に対して適切なカウンセリングをするのも、結婚相談所スタッフの重要な役目なんだそうです。しかし、何を言っても考えが変わらない女子も多いのだとか。

Y氏「いつか自分に合った素敵な男子が現れるはず、と思い込んでいる女子が一番厄介なんだよ。これも30代女子に多いね」

「早くから結婚願望はあったのに、30過ぎまで結婚できなかった」という理由が自分にあると考えて、自分を変えていくことができる女子は、婚活で成功しやすいのだそうです。

しかし、結婚できていない理由を自分の中に求めず、「今の自分を受け入れてくれる男子がきっといるはず!」と主張する女子は、いつまでたっても結婚できない可能性が高いのだとか。

数多くの独身女子にアドバイスをしてきたY氏の話だけに、説得力があります。IちゃんとUちゃんも、学ぶべきことがあった様子です。

結婚は女子にとって大変大きな決断です。それだけに慎重になりがちですが、結婚してから良い夫婦生活を築く努力の方が大事だとY氏は語ります。マイペースな自分にあった好条件の男子がいつか目の前に現れる、なんてことばかり考えていると、例え結婚できたとしてもすぐに失敗してしまうことでしょう。

そうならないように、まずは自分を見直してほしい、と思う北条でした。