その告白は失敗する! ふられる率が上がる残念な方法とは

いざ告白したいと思ったとき、何も考えずに告白するとふられる率が高くなる場合があります。何ごともやり方は大切です。間違ったやり方だと、ふられなかったはずの告白もふられることになるかも。この記事では、ふられる率が上がる告白方法をご紹介します。

自分を下げながら告白する

自分に自信がない女性がやりがちなのが、告白時にネガティブなことを言うことです。

「こんな私から好かれたって迷惑だと思うけど……」「私みたいなブスから言い寄られてもうれしくないだろうけど……」なんて言われたら、男性は心底困ってしまいます。

男性は「そんなことないよ」とフォローしなければいけない気持ちになりますし、そもそも「そんなレベルの低い女性と付き合ってもなぁ……」という考えに至ることもあるでしょう。謙虚なら素敵ですが、卑下はダメです。心の中で思っていたとしても、口には出さないでくださいね。

やらない後悔よりやる後悔と考えている

相手のことが大好きで、情熱に溢れている女性が言いがちなのは「やらない後悔よりやる後悔」です。告白をしないで後悔するよりも、告白をして後悔しようだなんて、ちょっと待ってとしか言いようがありません。

確かにそういう考え方もありますが、この考えをもつ女性は周囲のアドバイスを総スルーしているときが多いです。

周囲から「今はタイミングが悪いよ」「そんな告白は失敗しやすいよ」と言われても、考えなしに「やらない後悔よりやる後悔!」で突っ走るのです。自分の感情優先で周囲が見えていません。

この手の女性から告白されると、男性は情熱の強さと押し付けがましさで怖気(おじけ)づいてしまいます。もちろん、周囲の意見もきちんと聞いてしっかりと考えた結果なのなら、話は別ですが……。

相手とどうなりたいか言わない

「好きです!」と言われたところで、相手からすると「どうも。えーと、それで……?」となってしまいます。

せっかく告白するのなら、相手とどうなりたいのか伝えましょう。「付き合ってください」「お試しでデートしてくれませんか?」など、具体的な言葉があれば相手もしっかり返事を考えられます。

また、振られることを想定して「ただの友達でもいいので!」と言ってしまうのはNGです。なぜなら男性から「付き合おうか考えようと思ったけど、友達でいいならそのほうが面倒じゃないな、友達でいよう」と思われるからです。

これでは、わざわざ自ら振られるように誘導しているだけです。振られたときの余計な予防線は張らないでおきましょう。

告白は相手のことを考えて!

好きになってしまうと、好きという気持ちが大きくなりすぎて自分勝手な人間になってしまうことがあります。

そうなってしまうと、相手に迷惑をかけてしまい、最悪の場合は嫌われてしまうでしょう。まずは相手のことを考えて行動することが大切です。気持ちの押しつけにならないよう、気をつけてくださいね!

 

Written by 神之れい

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…